■プロフィール

ひよママ♪

Author:ひよママ♪
ひよママ・・・愛知県在住。旦那と11歳娘を持つ母。

チビ・・・ひよママの娘。この9月で11歳になりました。


しょう・・・2015年7月生 大型セキセイ。ノーマルコバルト♂。

さくら・・・2015年9月生 大型セキセイ。パイドオパーリンダークグリーン♀。

しゅん・・・2016年7月生 チビのセキセイ。オパーリンスカイブルー♂。

うめ・・・2017年1月生 大型セキセイ。シナモンノーマルスカイブルー♀。




ちーすけ・・・2011年4月生のノーマルセキセイ。並♂ 抽選で当たった鳥。2014年9月虹の橋を渡りました。

だい・・・2015年6月生まれのセキセイ。オパーリンモーヴ。2016年6月虹の橋を渡りました。

ライト・・・2012年生 大型セキセイ スパングルライトグリーン ♂

ブルー・・・2012年生 大型セキセイ スパングルコバルト ♀ 2015年11月虹の橋を渡りました。

はな・・・2008年4月生のジャンボセキセイ。ノーマルグレー♂
     2016年10月虹の橋を渡りました。

ゆき・・・2008年5月生のジャンボセキセイ。アルビノ♀
     2016年11月虹の橋を渡りました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

流れていく日常



何かを失っても、時間は流れていくし、明日は来るのです。




泣いてばかりだったチビも、少しずつ笑顔が見られるようになりました。


私も夜中にこっそり泣くことがなくなりました。



でも


1日に何回もちーすけの様子を見る癖はなかなか抜けきらず、もうそこには何もないのに
つい、様子を見るためにそこに顔を向けてしまいます。

首を背中に入れて寝ていた小さな緑の塊・・・

それが見えないたびに

「あぁ、ちーすけはもういないんだ」

と思い知らされます。





覚悟はしていたはずだったのに、やっぱり悲しみは恐ろしいほど大きいです。






もっと長生きさせる飼い方はあったと思います。

保温だって、24時間365日すべき子でした、きっと。
真夏でもいつも膨らんでいたし、ワキワキなんて1度もしませんでした。
でも
うちでは、冬以外は常温の室内飼いでした。


体力温存のために、羽もクリップした方がよかったと思います。
でも
私は、時々の放鳥で嬉しそうに飛び回るちーすけを見ると、
飛んだ後 吐くとわかっていても、クリップはしませんでした。


青菜を食べると必ず吐くとわかっていても
数日に1回、
「豆苗は1本だけね」
「小松菜はひとかけらね」
と、大好きな青菜を禁止できませんでした。


保温のために水浴びはしない方がよかったでしょうに、
他の子の水浴びを見て、霧吹きをしてほしくて羽をワサワサさせて待っているのを見ると
「2プッシュだけね」
と、霧をかけました。


友達もいない、発情もしないちーすけを独りぼっちにはできなくて
同じ部屋の、ちょっと離れたところにケージを置いていました。


通院も、薬も、本当に必要最低限のみでした。





命あるものは、産まれたときから寿命が決まっていると思っています。
でも私は
雛のとき大病をしたちーすけの命を、あのとき無理に伸ばした気がしていました。
あのとき死んでいてもおかしくなかったちーすけ。
でも、奇跡的に助かって生き延びてくれた。
だから、
あのときからずっと、「ここからの命はご褒美なんだから好きに生きていいよ」みたいな
気持ちでいました。
苦しそうに吐く姿を見るたび、食べたくても欲しいものがもらえずに鳴き叫ぶ声を聞くたび、
申し訳ないような複雑な思いだったから。
命ある限り、できるだけ痛い思いやつらい思いはさせず、
「生きているだけで100点だよ」
と、ちーすけにも自分にもチビにも言い聞かせてきました。
私の飼い方でよかったなんて、これっぽっちも思わないけど、
でも、ちーすけには「ありがとう」と「「また来てね」の気持ちでいっぱいです。


ブログに遊びに来てくださってるみなさんにも、ちーすけはたくさん愛されて、激励していただいて
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。




ちーすけが 本当にもうダメかも・・・と思ったときに、私が自分に言い聞かせ、チビに読み聞かせた
とあるブログの一文があります。
「鳥まみれ日記」という、素晴らしいブログでも紹介されていたんですが。
賛否両論あるかと思いますが、私がこの記事にいくらか救われたのは事実です。
チビも、これを読み聞かせていたから、ちーすけに追いすがるようなことはしませんでした。

ちょっと抜粋してご紹介します。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







◆動物が死を迎えるその時 飼い主が どうしていたら良いか 



「静かに 衰弱するような時は?」

  「大丈夫だよ」と 穏やかに言って欲しい

  すると 動物は 死を覚悟出来る

  長引かせずに 逝く事が出来る



  「死なないで」「死んじゃイヤだー」と 必死に言われると

  『もう少し 頑張らなくちゃいけないのかな…』と 覚悟が揺らぐ

  飼い主の想いに 応えようとする



「痛みがあって 鳴く程の時は?」

  「大丈夫よ」「大丈夫よ」と ただ それだけを静かに言って欲しい

  『痛いけど 大丈夫なんだ!』と 励まされる

  『死ぬことは 怖くないんだ!』と 覚悟が出来る



  「痛いの?」「大丈夫なの?」と 聞かないで欲しい

  痛いに決まっている から 問いかけないで欲しい

  心の支えに なって欲しい

  

  「死なないでー」と 言われると

  『死ぬ事で 飼い主が悲しむから 死んではイケナイ』と思ってしまう

  痛みをこらえている時は 辛い時間が長引く

  こらえ切れないから 鳴いているのに この時が長引くのが 辛い 

  

「暴れる程 痛がっている時は?」

  かなり辛い時でしかない

  この時は飼い主が 死のタイミングを決めてくれても イイと思っている

  出来れば 穏やかに逝く方法を 選んで欲しい

  出来れば 最後まで そばで見守っていて欲しい

  出来れば その時まで 抱きかかえていて欲しい

  最後まで 「大丈夫だよ」と 静かに言って欲しい



  謝らないで欲しい

  「ゴメンね」「許してね」と 言わないで欲しい

  「ありがとう」 なら 言って貰いたい



「最後の瞬間は 何か飼い主に伝えているの?」

  ありがとう ありがとう ありがとう と ただそれだけを伝えている



「苦しんでいても?」

  ココロは覚悟を決めているので 苦しんでいても 鳴き叫んでいても

  意識がなくても そばに居なくても

  『ありがとう』 と 伝えている






◆お空に帰った後のこと



「その身体は どうすると良いの?」

  焼いてくれて 良い

  土に埋めてくれても 良い



「お骨を 家に置いておくのは?」

  それを目にした飼い主が 悲しむから 置かないで欲しい

  お骨をずーっと置きっぱなしにされるより 自然に戻して欲しい

  土や 海に 自然に返して欲しい

  

「お墓は あると喜ぶの?」

  無くても 良い

  飼い主が お墓があってお参りする事を喜んでくれるのなら それで良い

  お墓があって 悲しみが増すなら 無い方が良い



「ペットの合同のお墓とかは?」

  どちらでも 良い

  

「家に 写真を飾っておくのは?」

  写真を見て 悲しまないのなら 嬉しい

  ただ 懐かしんで 想い出してくれるなら 嬉しい



「他に 何か飼い主が 出来る事は?」

  悲しまないで 欲しい

  「一緒に居てくれて 楽しかった ありがとう」とだけ 思って貰えれば

  それだけで イイ










ゲロが着いてない写真ってほとんどなかったな・・・(苦笑)

大好きなちーすけ




次回からは、また明るく頑張ります!







スポンサーサイト


ちーすけ | 22:03:53 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
ちーすけちゃん、さようなら
ひよママさん、ちーすけちゃんはひよママさんやチビちゃんの愛をちゃんと感じていたはずです。ひよママさんのお家で幸せだったと思います。
私は、人間でも動物でもどれだけ長く生きるかではなく、どのように生きたかが大切だと考えています。いくら長く生きられても、自由を奪われたり我慢ばかりだったり、孤独だったらかわいそうです。
ちーすけちゃんはひよママさんご家族に守られ精一杯生きる事ができました。それで十分だったのではないでしょうか。
愛する者との別れは辛いです。私も、もう数えられないくらいインコとの
別れを経験しました。よく、死んだ時が辛いからペットを飼わない・・という人がいますが、生きている間どれだけ沢山の思い出をもらったかを考えると、最後の別れを乗り越える事の方を選びます。

鳥まみれ日記さんの文中からのお言葉、胸に響きました。ありがとうございます。
2014-09-14 日 23:48:48 | URL | しろきち [編集]
♪しろきちさん
なかなか返事をお返しできず、ホントに申し訳ありません<m(__)m>
やっぱりなかなか気持ちが上がってこないのが正直なところです。
でも、
しろきちさんのコメントには涙が出ました。
ありがとうございました。

死んだ時がツライからペットは飼わない・・・
よく聞きますよね、この言葉。
今チビがこの思いになっており、次に飼う話も出てないのに1人で思い悩んで
います(苦笑)
チビにはちーすけの死がまだ悲しすぎるようです。
何とか乗り越えて、また一つ成長してくれることを願う母です。

こんなマイペースブログですが、今後ともよろしくお願いします(苦笑)
2014-09-28 日 08:39:42 | URL | ひよママ [編集]
こんにちは
日常は普通に過ぎるしおなかも空くし
笑ったりすることもあるけど
ぽっかり開いた穴というのは
なかなか埋まるものではないですね

人それぞれ、飼い方それぞれ
何がよくて何が悪いってわけじゃないですけど
長寿ならいいのかっていったらそれも違いますしね
ひよママさんの愛は私たちも感じていましたから
ちーすけくんが感じないはずはなかったと思いますよ
チビちゃんの愛もね^^
虹の橋で、愛を受けなかったコたちに
ひよママさんやチビちゃんにもらった愛を
分け与えてると思いますよ^^
チビちゃんもファイト!
2014-09-30 火 15:22:16 | URL | ayame [編集]
♪ayameさん
お返事大変遅くなりました<m(__)m>

記事を書くどころか、ブログを開くのもシンドイほど落ちています▼
ayameさんは綾子ちゃんを亡くされたあとも、ブログを更新されており、
改めてすごいことなんだなぁと思っています。
1日に何度も様子を見るのが癖になっていて、1ヶ月経った今でもその癖が
なかなか抜けず・・・
きっとちーすけは今頃大空を飛びまわったり、おいしいものを思い切り食べたり
してるでしょうに、飼い主だけがウジウジの毎日です(苦笑)

そのうち上がりますので、その時はまた覗いてやってください<m(__)m>
2014-10-08 水 22:53:23 | URL | ひよママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-10-09 木 15:00:45 | | [編集]
♪鍵コメさま
初めまして。
コメントありがとうございました。
こんなマイペースなブログで恐縮ですが、また遊びにいらしてください。

ジャンボはこんな顔をして、結構デリケートで弱い個体だと思います。
我が家のように無神経に飼っているズボラ飼い主もいますが、多くは
弱い種とされていますね。
私もいい年してまだウジウジしてるんですが、少しずつ前を向いていこうと
思っています。
また鍵コメさん宅にも可愛いジャンボさんがお迎えされる日を願って!
2014-10-13 月 11:59:31 | URL | ひよママ [編集]
こんばんは。
ブログにありがとうございます。

命あるものは死が必ず訪れるものですが
やはりとても辛いですね。
私も亡くなった子は忘れられません。
でも、ちーすけちゃんも幸せだったと思いますよ。

ちびちゃんには、辛すぎたね・・・
2014-11-16 日 17:35:35 | URL | らるり [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad