■プロフィール

ひよママ♪

Author:ひよママ♪
ひよママ・・・愛知県在住。旦那と12歳娘を持つ母。

チビ・・・ひよママの娘。この9月で12歳になりました。


しょう・・・2015年7月生 大型セキセイ。ノーマルコバルト♂。

さくら・・・2015年9月生 大型セキセイ。パイドオパーリンダークグリーン♀。

しゅん・・・2016年7月生 チビのセキセイ。オパーリンスカイブルー♂。

うめ・・・2017年1月生 大型セキセイ。シナモンノーマルスカイブルー♀。




ちーすけ・・・2011年4月生のノーマルセキセイ。並♂ 抽選で当たった鳥。2014年9月虹の橋を渡りました。

だい・・・2015年6月生まれのセキセイ。オパーリンモーヴ。2016年6月虹の橋を渡りました。

ライト・・・2012年生 大型セキセイ スパングルライトグリーン ♂

ブルー・・・2012年生 大型セキセイ スパングルコバルト ♀ 2015年11月虹の橋を渡りました。

はな・・・2008年4月生のジャンボセキセイ。ノーマルグレー♂ 2016年10月虹の橋を渡りました。

ゆき・・・2008年5月生のジャンボセキセイ。アルビノ♀ 2016年11月虹の橋を渡りました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

巣引きの難しさ⑨
まだまだ続く、巣引き関連の記事です。
読んでくださってる方、ドキドキさせたり不安にさせたりしてすみませんm(__)m
でも
これ、全部実話で・・・・・
私はこの1ヶ月、どれだけ泣いたんだろう・・・。

人それぞれ考え方や感じ方が違うのは当然です。
まだ続きますが、ありのままを綴っていきますので、
「納得できん!」とか
「見ててツライ」と思われる方は、どうかここで引き返してくださいm(__)m

みなさんが苦しくならずに、サラリと読み進めてくださればと思います。
今日も訪問ありがとうございます! 















巣箱に卵を戻して・・・・・・・・







数時間が過ぎて、時間は22時を回ったのに

産まれた雛ちゃんの声が聞こえない。






もう電気を消さなきゃいけないのに・・・








このままではあまりにも不安で










思い切って巣箱を開けてみました。










中には

くちばしのない雛ちゃんと






そして







動かない小さな小さなピンクの塊・・・・・・・・・!!!












・・・・・・・・・・・えっ!!!!・・・・・














急いでその子を取り出して












「ダメよ! 死んじゃダメ!!」












まだ温かいその小さな体を包みながら、心臓マッサージをしました。








逝っちゃダメ!

生きるのよ!

あなたが出てくるのを

私もライトもブルーも、何カ月もずっと待っていたんだから!!








親指の頭ほどしかない小さな体を温めて

どこかもわからない心臓をマッサージして

小さな口から息を入れて









どれくらいたったのか・・・・・・・












「・・・・・・もういいんじゃないか?」










旦那の声で我に返るまで

私は泣きながら心臓マッサージをしていました。











そうだよ・・・



産まれたばかりの雛が

心臓マッサージで息を吹き返したなんて聞いたことない・・・・・・・









逝ってしまったその子は

ホントにホントに小さくて・・・・・・・・・・・・・









数時間前に手の平にあった命は、もうそこにはなかった。

天国から地獄って

こういう気持ちを言うのか・・・・・・・








何がいけなかったのか

あまりにも遅くに産まれた雛だったから

何か問題があったのだろう


大きい雛ちゃんに踏まれた?

そのうは空っぽだったから、ブルーが見向きもしなかった?








いろんなことが

頭の中をぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・・・・・・・

















・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・












 

スポンサーサイト


大型 | 14:08:07 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ひよママさん、
私も子供の頃からずっとインコと共に暮らしてきましたが、
喜びと共に辛かった別れ、自分を責めて耐えられなくなるような苦しい
出来事など沢山あります。
本当なら、そんな辛い思いでがあるならもうこれからインコなんて飼わない・・・と思うはずですが、そういう気持ちにはなりませんでした。

生き物と共に暮らす以上、嬉しい事ばかりではなく悲しい事も受け止めなくなくてはならない・・という事がすべての人に平等に課せられた使命
なんだと思います。
どれを乗り越える事が自分自身を強くしていってこの次出会うコへも
より大きな愛を注げる事になるのではないでしょうか。
2013-07-08 月 21:24:29 | URL | しろきち [編集]
♪しろきちさん
こんなコメントしづらい記事にコメントくださり、ありがとう
ございます<m(__)m>

命の灯が消えることはこんなにも悲しいことだったのかと、
今更ながら思い知らされています・・・
生きられなかった雛ちゃんは、また我が家に産まれて来てくれると
信じています。
またよかったらおつきあいください<m(__)m>
2013-07-10 水 18:15:16 | URL | ひよママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad