■プロフィール

ひよママ♪

Author:ひよママ♪
ひよママ・・・愛知県在住。旦那と12歳娘を持つ母。

チビ・・・ひよママの娘。この9月で12歳になりました。


しょう・・・2015年7月生 大型セキセイ。ノーマルコバルト♂。

さくら・・・2015年9月生 大型セキセイ。パイドオパーリンダークグリーン♀。

しゅん・・・2016年7月生 チビのセキセイ。オパーリンスカイブルー♂。

うめ・・・2017年1月生 大型セキセイ。シナモンノーマルスカイブルー♀。




ちーすけ・・・2011年4月生のノーマルセキセイ。並♂ 抽選で当たった鳥。2014年9月虹の橋を渡りました。

だい・・・2015年6月生まれのセキセイ。オパーリンモーヴ。2016年6月虹の橋を渡りました。

ライト・・・2012年生 大型セキセイ スパングルライトグリーン ♂

ブルー・・・2012年生 大型セキセイ スパングルコバルト ♀ 2015年11月虹の橋を渡りました。

はな・・・2008年4月生のジャンボセキセイ。ノーマルグレー♂ 2016年10月虹の橋を渡りました。

ゆき・・・2008年5月生のジャンボセキセイ。アルビノ♀ 2016年11月虹の橋を渡りました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

巣引きの難しさ⑤
勇気を出して書いていきます。
(画像はありません)






そのうに餌があることを確認して、雛ちゃんを巣箱に戻す時でした。







その時


ブルーが

雛ちゃんに一撃を加えたのです!











本当に一瞬の出来事でした。
















飛び散った血

泣き叫ぶ雛ちゃん!









私は慌てて雛ちゃんを手にすくい上げ、顔を見ました。








なんと











くちばしがもげてしまっていたのです。

















あまりの悲惨な状態に、全身から汗が吹き出しました。
口から
「あああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」
と悲鳴のような声が出ました。








パニックになり、どうしてよいかわかりませんでした。








慌ててくちばしを押さえようとしましたが、手が震えて取れてしまったくちばしが押さえられません。
涙で視界がぼやけて見えません。











でもとにかく

とにかく早く
ブルーの元に雛ちゃんを返さねばと思いました。






急いで雛ちゃんを巣箱に返すと、怒り狂ったブルーも巣箱に戻っていきました。


「セキセイは血を見ると逆上して襲いかかる」という習性が頭に浮かびました。

ブルー、雛ちゃんの顔を見ちゃだめ!













私は涙が止まらず、
「どうしよう・・・・どうしよう・・・」とつぶやいていたのを覚えています。











どこかのブログで
くちばしが取れてしまったとき、「瞬間接着剤で補強した」というような記事を読んだ記憶が
ありました。
私はすぐ車のキーを持ち、1番近いスーパーに走りました。
着の身着のままで、半分泣きながらスーパーを走り回る主婦は異常に見えたに違いありません。
でも私にそんなことを考えている余裕はありませんでした。
売り場にあった瞬間接着剤を全種類買って帰りました。




そして、もう1度雛ちゃんを取り出しました。
やっぱり雛ちゃんのくちばしは もげていました。
血が出てくちばしは上にめくれ上がり、ぶら下がるようにかろうじて引っ付いているだけでした。






震える手でボンドをほんのちょっと塗ってみました。
でも雛ちゃんはすごい抵抗し、私はすぐその方法を断念しました。

こんな方法良くない・・・・・
間違って舌でもくっついたらどうするんだ・・・・
傷にボンドなんていいはずない・・・・・








私はまた雛ちゃんを戻すしかありませんでした。








雛ちゃんは泣いていました。
確実に泣いていました。











私はどうしてよいかわからず、O氏に電話をしました。

O氏は

「もうダメやな・・・・」

と言いました。

「もともと賭けやったんや。仕方ない。勉強になったな」

と。

私はあまりのショックに涙しか出ませんでした。









ブルーはもう母親でした。
たった1日で完全に雛ちゃんの母親になっていました。
急に大きな雛ちゃんがそこに現れて、きっとパニックだったはず。
でも、
初めてなのに、ブルーとライトは我が子として受け入れ親になってくれていたのです。
ただでさえ、パニックだっただろうに、そこへ私が手を出してしまった。
そのうの確認なんて、ブルーには関係ない話。
大事な子を「盗られる」と思ったんでしょう。
ブルーは悪くない。
悪いのは全部私・・・・・・・・・・









「もうだめだろう」という言葉が頭から離れず

私はその日も眠れず朝を迎えました。









巣箱を開けるのに戸惑っていると







なんと、







口の周りを血で真っ赤に染めたブルーが顔を出したのです!!!











「ブルーが・・・・・・・・・・・やってしまった・・・・・・」







愕然としました・・・・・・・・・
























・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・・・思い出して汗びっしょり・・・・・・














スポンサーサイト


大型 | 23:44:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad