■プロフィール

ひよママ♪

Author:ひよママ♪
ひよママ・・・愛知県在住。旦那と12歳娘を持つ母。

チビ・・・ひよママの娘。この9月で12歳になりました。


しょう・・・2015年7月生 大型セキセイ。ノーマルコバルト♂。

さくら・・・2015年9月生 大型セキセイ。パイドオパーリンダークグリーン♀。

しゅん・・・2016年7月生 チビのセキセイ。オパーリンスカイブルー♂。

うめ・・・2017年1月生 大型セキセイ。シナモンノーマルスカイブルー♀。




ちーすけ・・・2011年4月生のノーマルセキセイ。並♂ 抽選で当たった鳥。2014年9月虹の橋を渡りました。

だい・・・2015年6月生まれのセキセイ。オパーリンモーヴ。2016年6月虹の橋を渡りました。

ライト・・・2012年生 大型セキセイ スパングルライトグリーン ♂

ブルー・・・2012年生 大型セキセイ スパングルコバルト ♀ 2015年11月虹の橋を渡りました。

はな・・・2008年4月生のジャンボセキセイ。ノーマルグレー♂ 2016年10月虹の橋を渡りました。

ゆき・・・2008年5月生のジャンボセキセイ。アルビノ♀ 2016年11月虹の橋を渡りました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

ハンディキャップを持つ天使たちへ
私が楽しみに拝見しているブログ。
ちっちゃいくちばし
そこに黒ボタンインコという珍しい鳥さんがいまして。
先日雛ちゃんが誕生し、その中に「その子」はいました。
その天使の名は

ごましおちゃん

このごましおちゃん、実は足にハンディキャップがあることがわかったんです…
その記事を読んで、またしてもパソコンの前で泣いてしまったワタクシ…
ごましおちゃんの可愛さに…
ごましおちゃんの健気な姿に…
そして管理人でもいらっしゃる飼い主の方の愛情深さに…
泣けちゃいましたー(^_^;)

で、ですね

そのごましおちゃんへのエールを込めて
そして
我が家にもいる「ハンディキャップを背負った天使」へ愛を込めて
今日は記事を書きたいと思います(*^_^*)


我が家のハンディキャップの天使。
それはゆき。
真っ白の赤目アルビノ。
彼女の体は傾いています。
これは幼少の頃の写真。


ゆきの体①



後姿はこんな感じでした。


ゆきの体②




菌が出て通院していた頃、鳥専門医にも言われました。
「この子の傾きは、大きくなるにつれてひどくなるかも」と。
そして、ゆきが小柄であることを気にしていた私に
「この子の体を考えると、このくらいがちょうどいいかも。
あまり大きくなることを期待しないで」とも言われたっけ・・・
その頃は
「この子は大きくなれないのかな…」と真剣に考えたりもしました。

実際 体の傾きは旦那(全く鳥の素人)が見ても一目瞭然だったし、
やっぱりずっと小柄でした。
そして、止まり木の移動もできなくて・・・
だから上にも下にも餌入れと水入れを設置していたし、はしごを付けていました。
ケージにもしがみつけなかったゆき。
はなと一緒にしがみついては、ズルズルと滑り落ちていました。



コレ、初めてしがみついてるのを見た日(*^_^*)
生後4ヶ月をとっくに過ぎた夏の終わりでした。

122266068248e0524a285f3.jpg






最初はねー、羽もクリップしてたんです。
着地が極端に下手で、「ボトッ」と落ちるもんですから、足に余計負担がかかってまして。
でも途中から考え方が変わって。
「この子は他のことは劣るから、せめて飛ぶ力でカバーさせよう」と。
クリップを止めてブンブン飛ばせました。
ま、はなに着いて行く子でしたから、飛ばせる苦労はいりませんでした。



ゆきの体③


ゆきにとって、はなの存在がとても重要でした。
羽繕いもあまりしなくて、水浴びもしないゆき。
白いのにいつも薄汚れてて、お尻はフンが付いてて…
その頃のはなはゆきとは正反対で、羽繕い大好きで、水浴びも毎日豪快にやってました。
何でも食べたし、ブンブン飛び回っていました。
そんなはなにくっついて生活していたゆきは、やがて羽繕いを頻繁にするようになり、
水浴びもできるようになりました。
青菜を食べることも覚えてくれました。


ゆきの体を強くするにはどうしたらいいかっていつも考えてた気がします。
鳥専門店でこんなカルシウムを勧められて、与えてもいましたし。

サプリ




体はこんな感じだったけど、傾きながら一生懸命私のところに走って来る姿が可愛くって。
飛んでくる姿もやっぱり傾いていて、
でも私は
「ゆき傾いてる~」って笑い飛ばしてたっけ。

ゆきの体④




医者は
「今度レントゲンを撮りましょう」って言いました。
でも撮っていません。
っていうか、それから病院行ってないし(笑)
撮ったところでゆきの体は治らない。
撮って、歪んだ体を見せつけられて、何かが変わるとはどうしても思えない。
生活の中で「こうした方がいい」って言われたとしても、
今の生活が「ゆきの生活」なんだから、もう変えられない。


今のゆきははなよりも水浴びが好きで。
はなにも平気で盾突くし、はなに叱られてるし(笑)
呼べば必ず来るし、「ゆき」っておしゃべりもしてくれる。
ゆっくりゆっくりだったけど、ゆきのペースでここまで成長してくれました(*^_^*)

小柄だった体も50gに届きそう。

やっぱりハンディは足なのかな?と思ったりします。
こっちは正常な左足。
真っ直ぐでしょ。

ゆきの足①





でもねー、右足は外に向いてるっていうか…
倒れちゃってる感じ。

ゆきの足③




比べるとほらね。

ゆきの足②




最近ジャンボズはパソコンの前にいることが多いんだけど、
だいたいはなはテンキーの上にいて、ゆきはキーボードの前にいます。

はなゆき①



キーボードに上がるには1cmくらいの段差があると思うんだけど、毎回コケるの(苦笑)
もうねー絶対転ぶの。上がるたびに(^_^;)
そして痛そうにびっこひいてるの。
「あちゃー」って思って見てる。
早くスムーズに上がれるようになればいいねって。
そんなことで大げさに心配はしないよー。
ゆきは居たいところにいて、行きたいところに行けばいい(^_^)



なんかダラダラ書いちゃいました(^_^;)

言いたいことはですね、
選ばれたってことなんです。
私はゆきに選ばれたと思ってます。
偶然なんてない。
必然だった。
ゆきは私を選んでくれたの。一緒に暮らす家族として。
ごましおちゃんだってそうだと思う。
選んでcupさん&羽さんのところに産まれてきたと思う。
「ここがいい」って。
「ここなら大丈夫だ」って。
だって、ゆきの顔を見るたびに
背負ったハンディを見るたびに
私は「大丈夫だよ、私がいるぞ」って思うから。

ごましおちゃんだって大丈夫。
あんな愛情溢れる中で育っていけるんだもん。
何も心配ないよ、きっと(*^_^*)
乗り越えていけるよ、たくさんの家族と共に。


愛しいゆきが私のところに来てくれた。
それは大きな意味があると思ってます。

ハンディキャップを持った愛しい愛しい天使たちへ

私たちはこれからも惜しみない愛情を注いでいくからねー♪
一緒に生きて行こうね(*^_^*)
大丈夫だよ
ホントに大丈夫だよ
ホントにホントに大丈夫だよ
ありがとね、私達のところに来てくれて 






スポンサーサイト


ゆき | 00:10:45 | Trackback(0) | Comments(11)
コメント
ありがとう。
朝っぱらから号泣してしまいました。
ほんとうにほんとうにありがとう。ありがとう。

ゆきちゃんもこましおもきっと選んできてくれた。
あたしもそうだと確信しています。

絶対幸せにしてあげたいと願う気持ちはひよママさんも
あたし達も間違いなく心の真ん中でいつもいつも思っていることですよね。

ひよママさんご存知かな?
「アシュリー」って女の子。プロジェリアという難病を
抱えていた彼女がいつも言っていた言葉。

「全てのものは神様からあたえられたこと。
だからこの病気も神様から与えられた素敵なギフトなのよ」って。

13歳までしか生きられないといわれていた病気と理解していて
人の何倍も努力し、同じ病気と闘う友達を何人も亡くしながらも
前向きに生きていた彼女。
最高齢の17歳で他界してしまった彼女のその素晴しい考え方と
生き方は心の中に深く刻まれました。

ゆきちゃん、本当にふわふわで体はとてもきれいでしっかりしてる。
だけどその足もきっと神様のくれたギフト。
うちのごましおもそう。

少し不便なことはあるかも知れないけど、
それ以上もっともっと素敵なことも彼らにはあることと信じています。

一緒にがんばっていこうね。

あ、ゆきちゃんは上手に止まり木にとまってはりますね^^
うちはごましお用に角材で止まり木を作って麻ヒモをぐるぐるに巻いた
のをつけてあげました。
平らな分、掴まなくても留まれるので足が安定するみたい。
もし、よかったら作ってお送りしますよww

何かが少しできないことあってもあたし達にくれる幸せはたくさんあって、
そのお返しをなるだけできればいいなと思いました。

伝えたい思いはたくさんあってもなかなか伝えられないものですね・・・。
文章にする力がない・・・(;´д`)トホホ

だけど本当にありがとう。とても力になりました。
2010-02-20 土 09:46:57 | URL | 羽 [編集]
ちっちゃいくちばしさん、見てきましたよ。
まさしく、この飼主さんたちなら大丈夫!と思って
生まれてきてくれた仔ですね。
ハンディがあってもそれに合った生活ができれば
QOLを高く過ごせますね。
ちっちゃいくちばしさんも、ひよママさんも、
その為に頑張っておられるんですね。
ひよママさんのゆきちゃんへの深い思いは
ブログから伝わってきてますよ。
自分の力でできることは自分でやらせ、
構いすぎないけど環境だけはきちんと整えてあげて、
素晴らしいなって思ってます。
実はメイの足も、後ろ指が前に来たり、
ゆきちゃんみたいに外側に向いてる事も多々。
足の力も弱いので、羽繕いをしてるだけで
止まり木から落ちることもよくあります。
でも何よりメイが普通に暮らせているので、
ハンディと思ったことは一度もないのですが、
年をとったらそれなりの生活をさせなくては、ですね。
何より、鳥さんは常に前向きで、
自分のハンディを嘆くことがないのが救いです。
鳥さんに教えられることっていっぱいですね。
いつもひよママさんの、鳥さんに対する思いに刺激をうけてます。
ありがとうございます。
ゆきちゃんも、ごましおちゃんも、頑張れ~!
2010-02-20 土 11:44:09 | URL | ayame [編集]
うんうん。
わが家のとりから氏もそう。
力をくれる。健康な人ばかりではない。鳥だってそう。
キラキラ輝いてて、その姿は癒しそのもの。
たまたま。それが彼らには普通。健康が普通じゃあない。
生れ出たそのものが命。自然に、少しだけ手伝って(今はないけどね~)
元親さんが助けた命を紡ぐのが私の役目。小鳥から貰うものいっぱいです。
教えられるもの、もらうもの。やさしい心かもしれません。
2010-02-20 土 11:58:52 | URL | mayuko [編集]
ひよママさん こんばんは
ゆきちゃんの足・・今までまったくわかりませんでした。
よく見ると、傾いていますね。
はなちゃんとゆきちゃんの仲良しぶりにいつも目を奪われて、まったくもって気づかなかったんですよ。
ゆきちゃん そして ごましおちゃん 
足にハンデを抱えながらも 愛情に包まれているんだなと 感じました。
「ゆきに選ばれた」・・
そうですよ。ゆきちゃんは選んでくれたんだと、私も思います。
たくさんの人の中から、ひよママさんのところにやってきたんですから・・
うちのこもきっとそうだと思います。
2010-02-20 土 21:33:58 | URL | chiropi [編集]
優しさ
優しさがいっぱい溢れている記事ですね。

実は我が家のウロコの群青も片足が曲がっていて、最初は止まり木に止まるのも精一杯って感じでした。

これは、お迎えする前から分かっていたのですが、私たち夫婦は「この子はこの子、ちょっと葦が曲がっていても大事に育てる、ハンディキャップじゃない、これはこの子の個性だ!!」と思ってお迎えしました。

今は上手に止まり木に止まれるようになったし、金網にも止まれるようになりました。

最初に上手に止まれるようになった時には夫婦で喜んだのを今でも覚えています。

ひよママさんの記事を読んで、愛情が溢れていて素敵だと思いました、群青をお迎えした日の思いを改めて思い出しました。

こうやって、思われているゆきちゃんも幸せなのではないでしょうか。

ゆきちゃん、君のもきっと個性だよ^^
だからこのまま幸せに暮らしてね^^

2010-02-21 日 14:16:20 | URL | 要 [編集]
♪羽さん
拙い文章で恐縮です(^_^;)
「こっそり書きます」と言っておきながら、ゴマシオちゃんや羽さんの
お名前まで出してしまい、ちょっとドキドキしてましたm(__)m

アシュリーちゃん、もちろん存じております。
強くて優しい女性でしたね。
私は病気の方のドキュメントテレビが苦手で、あんまり番組は見ていないのですが、
その神々しいまでの生き方には強く心を打たれました。

羽さんは手作りでごましおちゃんの止まり木を作られたのですね♪
うちは最初カクタスを探していたのですが、今の日本では手に入れるのは難しいと知り断念…
その後たまたまかじり木コーンを入れたら、1本目は齧りきってしまい、
2本目はその太さが止まりやすいらしく、そのまま止まり木となっています。
ブランコも丸い小枝の素材のもので、太くていいらしく、
ゆきはこのかじり木コーンかブランコで寝ると、落ちないで寝れます♪
そうそう、
止まり木も自然木に変えたら、掴みやすくて落ちる回数が減りました。
(ちなみに今はユーカリです)

ごましおちゃんはcupさん&羽さんのところに産まれて幸せだと思います♪
またブログでごましおちゃんに会えるのを楽しみにしてまーす(*^_^*)

2010-02-21 日 16:51:46 | URL | ひよママ [編集]
♪ayameさん
私なんぞ、お褒め頂くなんてとんでもなーいのでありまして…(^_^;)
環境も全然整えていないですし…(外飼いですし▼)
メイちゃんもちょっとハンディを持っていたのですね。
ブログの画像や動画からは全然分かりませんでした。
「元気一杯の陽気なインコちゃん」っていうイメージだったので意外でした。
でもメイちゃんは知識豊富な先生&ayameさんがいるので心強いですね(^_^)

私もみなさんのブログから学ぶこと多いです。
ayameさんの8回連載も大変勉強になりましたー(*^_^*)
「鳥さんは前向き」
ホントにその通りです。
私も見習わなくちゃ!

2010-02-22 月 10:22:37 | URL | ひよママ [編集]
♪mayukoさん
とりからちゃんの生後間もないお話、
名前の由来など、お聞きした時は私も大変感動しました。
元親さんはもちろん、mayukoさんの愛情深さに涙出そうでしたよ、マジで。
「とりからちゃんはいい所に来て幸せだな」と心から思いました。
やっぱりmayukoさんも「選ばれた」方なんでしょうね(*^_^*)

とりからちゃんの側にれんくんが寄り添っているように、
我が家もゆきの側にはながいてホントによかったと思います。
やっぱり鳥同志の力ってすごいな~とふとした時に思ったりします(^_^)
2010-02-22 月 10:28:14 | URL | ひよママ [編集]
♪chiropiさん
最近はゆきもぷくぷくフワフワになって、ジャンボ特有の羽で隠れていますので
写真ではあまり目立ちませんね。
でも細くなったりすると歪んでますし、歩くのもヒョコヒョコとびっこですし(^_^;)
体重もしっかり増えてジャンボらしくなってきましたが、これがゆきにとっていいのか悪いのかは疑問です▼
私的には敢えて食事制限などをさせるつもりはなく、
しっかり飛んで、美味しく栄養あるものをたくさん捕ってほしいと思っています(*^_^*)

chiropiさんのところの鳥さん達は絶対chiropi邸を選んできたと思います!
きなこちゃんも幸せそう♪
私だって住みたくなりますもん、chiropi邸(笑)
2010-02-22 月 10:36:11 | URL | ひよママ [編集]
♪要さん
優しさいっぱいなんて嬉しいお言葉…恐縮です(汗)
ただ、うちに来てくれた…いえ、私の目に映った時点でもう「縁」が
あったというか、大きな意味があったと思っています。

群青ちゃんも要さん御夫妻のところに来て、本当に幸せだと思います♪
「個性」
素敵な言葉ですね(*^_^*)
ゆきも、止まり木を移動したり、足でほっぺをカキカキしたり、
鳥として普通のことができるようになるまでに、かなりの日にちがかかったんです。
でもゆきのペースで成長し、今は何でもできるようになりました♪
いつまでも我が家に来てくれたことを「感謝」できる自分でいたいfですー(*^_^*)


2010-02-22 月 15:45:38 | URL | ひよママ [編集]
小鳥の食器
はじめまして。小鳥 ハンディキャップで検索していてこちらに参りました。
ゆきちゃんは生まれながらに足が曲がっているのですね。
昔飼っていたうちのセキセイは、老齢になって同じような感じに足が曲がっていました。
止まり木から落ちたか、菜っぱを食べなかったのでビタミンA不足によるカッケだったのかもしれません。
ゆきちゃんはまだまだ若くて表情を見ると幸せそうなのできっと長生きするかと思います。
管理人さんの愛情のたまものですね。

今はオカメインコ1羽と暮らしておりますが、セキセイの介護生活で四苦八苦した経験をへて、小鳥専用の底面設置バリアフリー型の食器を作っております。
よろしかったらホームページをご覧ください。(^^)
あとりえ リトル☆スノー【小鳥の器】
http://www.little-snow.com/biad/kotori-utuwa-TOP.html
2012-03-31 土 16:28:17 | URL | 小雪 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad