■プロフィール

ひよママ♪

Author:ひよママ♪
ひよママ・・・愛知県在住。旦那と11歳娘を持つ母。

チビ・・・ひよママの娘。この9月で11歳になりました。


しょう・・・2015年7月生 大型セキセイ。ノーマルコバルト♂。

さくら・・・2015年9月生 大型セキセイ。パイドオパーリンダークグリーン♀。

しゅん・・・2016年7月生 チビのセキセイ。オパーリンスカイブルー♂。

うめ・・・2017年1月生 大型セキセイ。シナモンノーマルスカイブルー♀。




ちーすけ・・・2011年4月生のノーマルセキセイ。並♂ 抽選で当たった鳥。2014年9月虹の橋を渡りました。

だい・・・2015年6月生まれのセキセイ。オパーリンモーヴ。2016年6月虹の橋を渡りました。

ライト・・・2012年生 大型セキセイ スパングルライトグリーン ♂

ブルー・・・2012年生 大型セキセイ スパングルコバルト ♀ 2015年11月虹の橋を渡りました。

はな・・・2008年4月生のジャンボセキセイ。ノーマルグレー♂ 2016年10月虹の橋を渡りました。

ゆき・・・2008年5月生のジャンボセキセイ。アルビノ♀ 2016年11月虹の橋を渡りました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

鳥さんとの原点
鳥好きのみなさま、こんばんは(笑)
突然ですが、今日は鳥との出会い・原点についてのつぶやきです(^_^)
気が向いたらお付き合いください☆

みなさんはなぜ鳥を好きになったか、または、最初に出会った鳥のことを覚えていますか?
鳥好きになったのにはそれぞれ その原点がおありだと思います。

私が最初に飼ったのはセキセイインコでした。
確か小学2年生の時。名前は「ルル」
白ハルクイン♂でした。
私の兄は腎臓が悪く、私が小学校1年生の時から入院し、何年も闘病生活を送っていました。
母はほとんど病院におり、夜も泊まっていたので私はいつも家で一人ぼっちでした。
朝も一人、夜も一人。
祖母が面倒見に来てくれたり、親戚に預けられたりもしていました。
そんな寂しい毎日を送っていたとき、父がインコの雛を買ってくれたんですねー。
それがルルでした。
嬉しくて、嬉しくて、いつも一緒でした。
夜も枕元にケージを置いて、ルルがいれば一人の夜も怖くありませんでした。
でも、幼い私は鳥を過剰に可愛がりすぎてしまい、ルルは半年もたたないうちに死んでしまいました。
それはそれは悲しくて…
泣きっぱなしの毎日で、夜中も鳥の名前を呼んで泣いて起き、学校にも行けなくなってしまいました。
両親はこれはヤバイと思ったらしく、また雛を1羽与えてくれました。
「アリス」 黄ハルクイン♀
でも飼い方が同じなわけですから、またしても弱らせて死んでしまいます。
またまた号泣な毎日。
今度も雛を手に入れました。
「ちえ」 黄ハルクイン♂
「あお」 オパーリンバイオレット ♂
今度は飼い方にも注意し、動物病院にも連れて行くようになり、この2羽は15年私の側にいてくれました。
15年の間には何羽かのインコも一緒にいました。
10年以上生きたのも2羽いました。
全部手乗りでした。
不思議なことに、私は最後に死んだちえの別れの記憶がありません…
なぜ死んだのか、どこに埋めたのか、わからないのです。
ただ「もう2度と飼わない」と心に決めたことだけわかっています。
人はあまりに悲しすぎる記憶を思い出すことができないのでしょうか…

鳥は私にとって「家族」でした。
一人ぼっちだった幼い私の「支え」であり、「心の拠り所」でした。
一人暮らしをしてから猫を飼っていた時期もあったんですよ。
ちえやあおとも共存していました。
その猫も16年生きていたのですが、私の中で「好きな生き物」はやっぱり今でも鳥が1番です。
猫の方が人間とコミュニケーションもとれたはずなのですが、私の中の「鳥」を上回る存在にはなれなかったんですね~(笑)

セキセイが死んでからは、鳥を飼っていない時期が10年くらいありました。
その間も鳥は大好きで、よくネットで鳥の画像を見てはニヤニヤしていました(笑)
ある会社の事務をパートでしていた頃、よく暇な時間に鳥のHPを見ていたんです~。
その会社を辞めるとき、社員が送別のプレゼントをしてくれたのですが、それがこの本です。


本


「仕事中によく鳥見てたよねー(笑) バレバレだったよ」
とか言われて(^_^;)
今でも大切にしています、この本。

で、仕事中に鳥ばかり見ていて、惚れてしまった鳥がジャンボセキセイだったんです。
理由なんてありません。
飼ったこともなく、だから性格も性質も何も知らないのに、私はジャンボセキセイに恋してしまいました。
それからずっとジャンボを飼うのが夢でした。
だから何年も憧れ続けたジャンボを今こうして飼うことができ、今とても幸せです(*^_^*)

先日母に会った時聞いてみました。
「何でインコ買ってくれたの?」
って。
母は「あんたがほしいって言ったんじゃん。やーらしー」と言いました。
やーらしーって何よ!やーらしーって怒
母は生き物がキライなんです。
病弱だった兄も、動物と接することは禁止されていましたから苦手。
家族でアホみたいに動物が好きなのは私だけなんです(苦笑)
今回も鳥を飼ったと知ったら母に散々罵られました。
関係ないのにねー。遠く離れてくらしているのにさっ。
でも、あの時、小さかった私に雛を与えてくれた両親に今でも感謝してるんです。
本人達が嫌いだったのならなおさら。
おかげでこんなに鳥きちですから 今はひよこ


長くなってしまいました。

今日のジャンボズ。

ゆきは足以外絶好調に元気。
痛いのに 私が近付くと飛びついてきます(^_^;)


ゆき?


出しませんよ。
足が痛いくせに。


ゆき ?


ほらね、
足着いてないじゃんか。

はなは換羽でなんか貧疎に見えますー(笑)
ゆきはツヤツヤでピカピカなのに(^_^;)


はな


指の取り合いです(笑)
そうそう、肩しか止まれないといいこともあるんですよー。
嫌がったり驚いたりして飛んで行ってしまったとしても、必ずまた旋回して肩に戻ってくるんですから。
ケージに入れるとき嫌がって逃げても、また戻ってきてしまう悲しい性(笑)
ひと呼んで
ブーメラン飛び(笑)








スポンサーサイト


はなゆき | 21:34:24 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
あはは、ブーメラン!
否応なく、そこしかないという状況は便利ですね♪

幼い頃の寂しさを鳥さんが埋めてくれたんですね。
ひよママさんの鳥さんの原点を読んで、
鳥さんの名前を今でも覚えてるなんて素晴らしいと思いました。
たとえこちらが至らなくて死んでしまった鳥さんでも
こうやって名前を覚えていてくれて、
ときどき思い出してあげることが良い供養になると思いますよ。
きっともうすっかり成仏して、
もしかしたらはなちゃん、ゆきちゃんが誰かの生まれ変わりかもしれません。
長生きしてほしいですよね!
2009-02-26 木 14:08:56 | URL | ayame [編集]
♪ayameさん
昔の鳥のこと、そんなふうに言っていただけて嬉しく思います(*^_^*)
あの子達がいたから今の私があると言っても過言ではありません。
きっとみなさんにもおありなんでしょうね、そんな鳥さんとの思い出…

ブーメラン飛びはホントに笑えます(^_^)
イヤで逃げたはずなのに、結局戻ってきてしまってドツボにはまるんですから(笑)
2009-02-28 土 20:10:58 | URL | ひよママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad