FC2ブログ
 
■プロフィール

ひよママ♪

Author:ひよママ♪
ひよママ・・・愛知県在住。旦那と14歳娘を持つ母。

チビ・・・ひよママの娘。この9月で14歳になりました。


しゅん・・・2016年7月生 チビのセキセイ。オパーリンスカイブルー♂。

うめ・・・2017年1月生 大型セキセイ。シナモンノーマルスカイブルー♀。

ぴっち・・・2017年9月生 大型セキセイ。スパングルダークグリーン♂

くぅ・・・2017年9月生 大型セキセイ。スパングルダークグリーン♂

ゆず・・・2019年5月生 大型セキセイ。ノーマルバイオレット♂



ちーすけ・・・2011年4月生のノーマルセキセイ。並♂ 抽選で当たった鳥。2014年9月虹の橋を渡りました。

だい・・・2015年6月生まれのセキセイ。オパーリンモーヴ。2016年6月虹の橋を渡りました。

はな・・・2008年4月生のジャンボセキセイ。ノーマルグレー♂ 2016年10月虹の橋を渡りました。

ゆき・・・2008年5月生のジャンボセキセイ。アルビノ♀ 2016年11月虹の橋を渡りました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■リンク
■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

チビの足、白の足
元気に大きくなっている3兄弟ですが、





やっぱりチビの足は不自由でした










まず左足



チビの足





指が前や横に行ってしまいますが、









左足だけテーピングしていたのが功を奏したのか、



チビの足④





正常な向きになっていることもあります。









ところが 右足は



チビの足②









全部の指が外へ向いており、








チビの足③







何かを掴むことはできません








フローリングや、滑りやすい生地では滑ってしまいます。









もっと小さいヒナの時、ひどい左足だけテーピングをしました。









怖くて左足だけしかしませんでしたが、










両足すべきだったと今は思います。










両足していれば、少しは真っ直ぐになったんじゃないかと、








悔やんでいます

















そして、







白は、真ん中の指先がありませんでした。




白の足








これを見つけた時はショックでした












白かチビは、どちらかが仮死状態だった子です。







親が突いて内出血を起こしていて・・・・・・・







だから、どちらかは親が突いたのが原因かもしれません。













ま、





今となってはどうすることもできないです。










命を繋げることに必死だったから、









今は、今ある姿をそのまま受け止めていきます。













毎日元気にエサをねだってくれることを感謝しようと思います











スポンサーサイト



金華鳥 | 00:41:45 | Trackback(0) | Comments(0)
キンカヒナ 命名
こんなに頻繁に更新したことないから 毎日ヘトヘトだ(笑)










さて、


24日目と23日目。







とにかく可愛いさかりです










1番右がチビです。



24日目と23日目













ようやく名前をつけました。









つけたっていうより、








もう、最初から呼んでいた呼び名がそのまま名前になってしまいました

















まず、1号あらため「いちご」 ←!


24日目いちご

ほっぺが黒いです。

父親がブラックチークなので、この子もそうなのかな?














そして「白」 ←!!


23日目しろ



キレイな子です



白いってだけで、キレイさ増し増しです(笑)



母親が白っぽいのでそういう色になるのかな?













そして、最後が「チビ」 ←もうセンスなさすぎです(^_^;)


23日目ちび







チビは角みたいに産毛が残っていて笑えます

やっぱり足が悪い子でした。


でも元気なので大丈夫です


23日目ちび②











みんな可愛いです
















25日と24日目。


膝の上にも自由に乗れるようになりました。








私は腰が悪いので、座るときはあぐらです。








そして、エサやりは床です。 机でやって落ちるのが怖いので。












エサがほしいときは暴れまくっていますが、食べ終わると静かになります(笑)












チビは足が悪いので、どうしても他の子より出遅れてしまいがち。








でもうちの子はみんな可愛いからいいの










金華鳥 | 00:18:50 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記⑩

20日目と19日目。







相変わらずせミのような鳴き声の3羽(笑)














まだ口の中に模様があります(*^_^*)










お腹がいっぱいになっても ずっと「ぺ!ぺ!」って鳴いてる(笑)




















キュン死しそうな写真が撮れました







20日目と19日目










なにこの可愛さ!









モフモフひな団子!












かわいすぎて死ぬ!!




















21日目と20日目。








牛乳パックから飛び出してきて、エサを催促するセミたち(笑)










これ、片手で動画撮って、片手で挿し餌してるから

かなりモタモタしてる(^_^;)














鳥友さんに預けた2羽も、仮母にエサをもらってすくすく育っているそうです













5羽とも生きててくれてる。











これって本当にすごいこと!!!







金華鳥 | 00:23:11 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記⑨
何とか復活を遂げたチビ







本来、この頃のヒナは、もっと挿し餌を濃くして量も増やし、

挿し餌の間隔も4~5時間開けれるはず。










でも、








そのう炎で より慎重になってしまった私は、怖くてそれができませんでした。











ただでさえ、親から1度もエサをもらっていないから、どうしても神経質になります。













「濃いエサで間隔を開ける」より

「薄いエサで回数を増やす」が私流のやり方です。



















18日目と17日目。






うるさいくらい鳴いて エサをねだります(*^_^*)















セミかよ!











元気な証拠です♪
























19日目と18日目。


3羽とも10gを超えました




19日目と18日目


1番下の小さいのがチビ。























ちなみに、プラケースの中はこんな感じ。



プラケース







温度は30~32度くらい。







温度計は2個設置。









入っているのは、私が牛乳パックで作った箱(笑)












19日目と18日目②





かわいい









それしか言葉がない






金華鳥 | 00:15:02 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記⑧
再び徹夜生活。





より神経を張り詰める生活をし、










療養3日目。




投薬3日目








チビ、そのうが縮むようになりました!!!









よかった!!









希望が見えてきました












挿し餌のときはできるだけ兄弟と一緒に(*^_^*)

真ん中がチビ。

投薬3日目②








ちょっと成長が遅いけど、そんなの平気!







足も気になるけど、それも後回し!









生きていることが1番大事だから
















療養生活で大変だったのは、挿し餌の時間がずれたこと








チビは薄ーいのを1時間半おき。



あとの2羽は3時間おき。









なんか、1日中ずっと挿し餌とそのうの心配ばかり(苦笑)











でも、










この兄弟は何度も奇跡を起こしてくれる












小さいヒナが調子を崩した時、回復していくことはほとんどないのに・・・・・・・
























そして、療養4日目。




チビ、孵卵器を卒業!








体調も安定したので兄弟の元へ!







16日目と15日目。


真ん中で胸を張るチビ(笑)

16日目と15日目












なんてかわいいの、みんな!!!











お腹がいっぱいになりウトウト











よくここまでみんな大きくなった(*^_^*)








もう虫じゃなくて鳥に見えるよ(笑)





















金華鳥 | 08:30:52 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記⑦
嫌な予感がします。






1羽ずつの写真を撮ってみました。







12日目の1号。


そのうの膨らみがいびつだ・・・・

12日目1号













11日目の白。


11日目白














同じく11日目。1番心配なチビ。

(体は1号の方が小さい)

11日目チビ




















こういういや~な予感ってだいたい当たる



















次の日。










トラブル発生!!!










13日目と12日目。

1番右がチビです。

13日目と12日目










そのうからエサが落ちていかなくなりました。







そのう炎になってしまったんだと思う。








フィンチ類は食滞にはなりにくいと聞きます。

でもそのう炎はどんな鳥でもなるってこと。










全然胃にエサが落ちていかない













そのうも小さすぎて、もろすぎて触れない。








マッサージなんて絶対無理・・・・・










どうしよう

















唯一の救いは元気があること。


真ん中で元気にエサをねだっているのがチビ。


















そのうから全くエサが落ちていないのがわかります







お腹がすいてエサがほしいのに、これ以上与えることができません







こんなに欲しがってるのにかわいそうすぎる!!









何とか助けたい。









体調不良に1番の基本は保温。








チビを再度孵卵器へ戻すことにしました。









設定温度は36.5度。









抗生剤を飲ませ、








パウダーフードは、生まれたての時の、薄ーいジュースくらいの薄さまで戻します。









それを1時間半おきに少しずつ飲ませることにしました。










また徹夜スタートです・・・・・・・










私はやる!











また孵卵器から兄弟のところへ絶対帰ろう!!!


























次の日の朝。




14日目。



エサをやる前なのにこのそのう・・・・・・・

14日目








回復の兆しなし・・・・・・・









そのうが嫌な感じに血走っている。







でも、






この子、元気はある。









フンも出てる。








希望は捨てない!









私も頑張る絶対!!!







8gの大切な命。







諦めない!!!



















金華鳥 | 08:28:11 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記⑥
生後9日目と8日目。






全員4gを超えました









挿し餌も、爪楊枝から最小シリンジ(1mg)に。









くちばしに1滴入れても大丈夫になりました(*^_^*)














薄目も開いてきています



















そして、




10日目と9日目。








1羽色が違うようです。 画像で1番上の子です





10日目と9日目



ベージュの羽が生えてきています。










体重が似たような感じですが、羽の生え方でなんとか1号が判別できます。

たぶん1番下にいるのが1号。









1号とは1日違いの2号と3号。







どっちが2号なのか3号なのか不明ですが、1番小さい子は心配が多いです。







前回の記事で、口パクパクと呼吸をしていた子。







目が開き始めた頃になると、上向きだった姿勢がまっすぐになるのですが、

1番小さいチビは、ずっとあお向けのまま。







そして、またしても足の指の向きがおかしい








それも両足






この子なのかなぁ      





親に突かれて仮死状態だった2号は。










両足おかしいけど、特にひどい左足指だけテーピングすることにしました。








11日目と10日目







てんのときを思い出して、針のように細い指を、片足だけテーピングしました。







でも、これが








後々後悔することになるのです・・・・・・・・・・・・・・・・・
















金華鳥 | 09:15:14 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記⑤
下の2羽を託児してもらったので、我が家のキンカヒナは3羽になりました。







「3日の壁」を超えたら、「1週間の壁」を超えるのが目標。






でも、ありがたいことにその壁も超えることができました







7日目と6日目です。

7日目と6日目







ほら、



見た目もどんどんグロくなって







夜中の挿し餌は抜けますので、私も5時間寝れるようになりました。


















8日目と7日目。



もっと食べてくれるといいんですが、ちょっと食が細い






お腹いっぱいでウトウトしてます







この動画を見るとちょっと気になることがあります。








真ん中の子が、口を開けて大きく呼吸してる。








これはあまり良くないサインです。







でも、祈って見守るしかない。






元気があるのが救いです。





動くとグロさ倍増(笑)




















豆知識☆




フンの話。





食欲と同様、大事なのがフンです。







フンの出が悪くなったヒナは深刻です。





てんの場合は毎回チェックしてましたが、この子達はどれが誰のかわからん(^_^;)





生後2~3日は特に注意です。





カリカリのフンが出口にくっついていると、ふさがれてフンが出ません。





その時は急いでカリカリを取らなければダメです。






早いうちなら、ミョ~ンと糸のようなフンが出てきて元気を取り戻せます。







そして、




この頃になると、フンをする時おしりを外に向けるようになります。




巣の中を汚さない本能ですね。







親が育ててる場合は、さらに親がつまんで巣の外に捨てるので 巣の中は清潔。







この子達も、外にしようとするので、こんな風にフンが1ヵ所に重なることも







8日目と7日目







フンすら愛おしいってどうよ








金華鳥 | 06:40:29 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記④

寝ないと人間はボーッとします。


怒りっぽくなります。


すぐ泣きます。  ←全部私の場合(^_^;)











1日中キンカヒナの心配をしてる私を見た旦那とチビに






「ちょっと神経質すぎない?」






と言われ






「数gのものを育てるのには、神経質になりすぎるくらいでちょうどいいんだよ!!!」





と泣いてキレる私













5羽の育児で必死なのに







「2羽育てばいい方じゃない?」






と言われ泣いてキレる私







どれも正論なのに。


間違ってないのに。







わかっていても、キレて泣く  ←超めんどくさい




























そんなとき、救世主が現れます











以前、「キンカの卵が産まれたよ」と言ってくれた、鳥友のMさん。





話を聞くと、1羽だけ孵って親は1人っ子を育ててるとか。








私は図々しいのを承知で、小さい4号と5号を巣に入れさせてもらえないかと頼みました。





実は、4号と5号、なんとなく挿し餌の食べが悪い





親からもらう、消化のいいエサを食べて、何とか生き延びてほしい!










ありがたいことに、Mさんの返事はOK!







助かる!   

感謝感謝です(T_T)










本当は長時間の移動はよくないけど、そんなこと言ってられない。






37度で移動できるよう、保温電球や車内用電源ソケット、温度計をセットし、





片道約1時間半の道を走りました








私は居眠り運転が怖いので、大量のお菓子とスルメを持参(苦笑)





実際行きは、ヒナケースの温度が気になって、眠気なんてなかったけど

















着くなり、さっそく巣に入れてくれたMさん。





入れさせてくれたMさんのキンカペアは、今までも何度も、

育児放棄のヒナを育ててくれたそうです。








今回も心配で見ている私たちを尻目に





「ん? こんな子いた?  ま、いいか」






と即座にエサをあげてくれていました。











素晴らしい!










托卵ならぬ、託児成功






これでひとまず安心です。








先に産まれた1人っ子ちゃんがだいぶ大きかったけど、一緒によろしくね




















後日Mさんから送られてきた画像。



託児①









大きい上の子の下に、うちから行ったホワホワ2羽が見えます



これは、もう少したった頃。



上の子は巣を出たり入ったり。(巣の上にいるのが上の子です)



託児②







よく見えないけど、中にいるんだよね(*^_^*)







自分の子を全く育てない親もいれば、



こうやってよその子も育ててくれる親もいる。    不思議だな・・・・・・(*^_^*)










金華鳥 | 00:44:12 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記③
※今日は画像はありません。









トラブル発生!







1号6日目の夕方。







急に口を開けなくなりました。






エサをほとんど食べません。







動きも鈍い。







これがキンカヒナの恐ろしいところです。







ほんの1~2時間前まで元気にエサをねだっていても、






次の瞬間もう弱って口を開けなくなる。








こうなってくると、人間は無力です。








今まで何度も経験してきたけど、為す術がないのです







1~2gのヒナに薬はありません。








1ど弱るとほとんどの子は、そのまま死へと向かってしまう・・・・・・












悔しかったけど、覚悟をしました。











1号だけエサを食べず、その時の挿し餌は終了。










次の挿し餌まで、怖くて孵卵器を見に行けませんでした。













1時間半後、




覚悟をして見に行くと、


なんと、


1号が口を開けてエサをねだっていたのです!!!









本当に嬉しくて涙が出ました。






こんなことってあるんだと、初めての体験に感動。








嬉しかったけど、正直徹夜続きと張り詰めた神経で、







私はだいぶまいっていました













産まれてすぐのヒナの育児でも、3日過ぎ、4日目になれば、

夜中の挿し餌はなくせます。(0時の次は5時くらいでOK)




でも、




5羽のヒナたちは産まれてきた日が違うので、私はずっと徹夜






孵卵器の横で転がってウトウト、キッチンタイマーで起きてエサをやり、


またその場にゴロン・・・・・・・





それで仕事にも行き、家事もやって。






5日目、さすがに限界がきました










そんなとき、




救世主が現れたのです!!













この育児は奇跡が続くのだ!



金華鳥 | 17:51:46 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記②
1日目、1号が孵化し







2日目に2号3号が孵化。








画像はありませんが、3日目に気づいたら4号孵化してました






キンカチョウはヒビがが入り始めたら早いです。






こまめに見に行ってるんですが、知らない間に産まれてました(苦笑)















そして、4日目。






最後の5号が!!!



5号孵化






すごい!


5個すべて孵化!孵化率100%です














でもね




嬉しいのはもちろんですが、




その反面、





こんな孵化直前まで両親は頑張って温めたのに、





何で産まれたら育てないんだろう・・・・・・と悲しくなりました







5羽の小さな小さな命。







無力な人間が預かるにはあまりにも荷が重すぎるよ・・・・・・・・・・・←珍しく弱音
















5日目、4日目、3日目、2日目のヒナちゃんたち。




並べてみました(笑)




5日目4日目3日目2日目







正直、順番がわからないので適当(苦笑)









キンカのヒナは3日目を超える頃 「ピ・・・ピ・・・」と鳴き始めます。






この声を聞けたときは感動します













6日目と5日目と4日目と3日目。

声が聞こえるかな?









色が黒々としてきました。







そして





気づいたら「3日の壁」超えてたよ・・・・・・・・・









必死すぎて気づかなかった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









でも、






人間も徹夜4日目。









限界はあったのです


















金華鳥 | 21:09:05 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記①
間一髪で仮死状態から一命を取り留めた2号。




目の前で産まれてきた3号。





そして、




孵るかもしれない卵2個。













それらをそっと持ち帰りました。














なんとか無事家に到着。







急いで孵卵器へ。



2日目と1日目








1号も生きて待っててくれた。





2号、3号も生きてる。







ひとまず安心しました。














私は、産まれた初日からヒナを育てる場合、孵卵器を使います。



中の温度は37度。





保温電球で育てようとしたこともありますが、失敗しました。






産まれたてのヒナは孵卵器の方が安心(*^_^*)








2日目と1日目②







この画像、1番右の子が仮死状態だった子です。




スマホで最大アップにすると見えますが、背中と足の付け根が赤紫に変色しています。


足の指先も赤黒い。


指、ちゃんとあるのかなぁ・・・


















目標は「3日の壁」を超えること!




高い高い壁です。

























何とか口を開けてくれてる







入っているのは水ようかんのカップ(笑)

キンカヒナは本当に小さい。











エサはつまようじの先であげます。




1/2滴入れます。




1滴入れちゃダメ。



入ると窒息することが多いです。




















この食欲がなくならないことを祈って、1時間半おきの挿餌がんばるぞ










夜の目覚ましはキッチンタイマー(苦笑)



















金華鳥 | 19:56:00 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ物語⑥
残った卵3個をスプーンでそっと取り出しました。






産まれてもすぐ落とされて育ててもらえないなら、



私が助けるよ。









孵化予定日まであと2日くらいなはず。





運が良ければ孵卵器で孵る。







仮死状態から生き返ったこの子と一緒に、



大至急、湯たんぽとカイロで温めながら持って帰り、早く孵卵器へ入れよう。
















そう思っていたのに・・・・・・・・・・・












ん・・・・・・・・・・・・?












この卵、線入ってる?????












ちょっと待て!!!












オーマイガー!!!



















※上司の声が入ってます。













なんと、孵化が始まった!!!







このタイミング?!






どうしよう!






動かせないじゃん






生き返ったヒナちゃんと他の卵、冷えちゃう!






家で昨日産まれた子が待ってるのに!!










でも、




頑張れヒナちゃん!!!


















あとちょっと!





慌てないでいいから、


早めに出ておいで!←矛盾




















感動しました





孵化の瞬間、初めてこの目で見ました。






YouTubeでは見たことあったけど。






よく頑張ったね、3号ちゃん











でもさ、






産まれてすぐの子、動かしていいのかな?






車で運ぶんだけど・・・・・・・・











でもここじゃ冷えちゃうし。








よし!






家まで頑張ろうね。








早く帰ろう!!!









金華鳥 | 01:06:31 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ物語⑤

元上司は電話口でこう言いました。





「赤い肉片みたいなのが落ちている」










え・・・・・・・・・・・・?







肉片??????????



















急いでで駆けつけた私。




でも、帰宅のタイムリミットは1時間半。(昨日産まれた1号の挿餌があるからね)














キンカ両親のケージを見ると・・・・・・・・・・・・・・・・





赤い小さなかたまりが落ちていました。












がーーーーーーん










なにこれ・・・・・・・・・・・・・・・














急いで手を入れて取り出すと、それは、





半分だけ卵に入って丸まったヒナで、すでに冷たくなっていました













おそらく、殻から半分出ようとしたところで落とされたのでしょう・・・・・・










かわいそうに(T_T)













私は、埋めてあげようと思い、

その前にそっと殻をはずしてやりました。









そのとき






ぴくっと小さく動いたような気がしたのです!














うそ! 今動いた?     



急いで温めました。






手の中で、息を吹きかけ、何度も何度も。











戻っておいで。




死んじゃダメ!





私のうちに行こう!!!














何分くらい温めたでしょうか。






仮死状態だったヒナが息を吹き返したのです!!!










よかった。






あと5分遅かったら助けられなかったかもしれない。






本当に嬉しかった。











ヒナちゃんの体は、頭と体半分が赤紫に内出血していました。




親がつついたせいかもしれません。




足は2本ありますが、指がどうなっているのか、肉眼では確認できません。




翼の先も確認できない。






それほどキンカヒナは小さいのです











先のことを考えるのはやめて、取りあえず生きていたことに感謝し、早々に連れて帰ることにしました。

早く保温しなきゃ命が危ない。









すると、元上司が







「もう卵を全部持ってってほしい」






と言いました。















そうですよね。  毎回毎回こんなの嫌になりますよね








元上司は、70歳を超え、旦那様を亡くした一人暮らしです。



朝ヒヤヒヤしながらケージを覗く。



2日連続でヒナが落ちている。



私をその度に呼び出す。








嫌ですよね・・・・・・・・・・・・・・・・・









私は「わかりました」と、卵を3つそっと取り出しました。









そう、








取り出して、



持って帰るつもりだったんです!!







金華鳥 | 14:33:08 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ物語④~育児放棄~
早朝の上司からの電話。


急いで出てみると


案の定




「床にヒナが落ちてるよ~




とのこと。










幸いその日は祝日で何も予定がなかった私。(予定はあえて入れていなかった)





「すぐ行きますから!!!」






と、飛んでいきました。















駆けつけると、床に落とされたヒナが1羽




親は残った4個を真剣に温めている・・・・・・





いらないのね・・・・・
ヒナは邪魔なのね・・・・・・










仕方なく、ヒナを持ち帰ることにしました。





またこのサイズです







※これはてんの画像です。
(いっぱいいっぱいで写真を撮ってなくて)
小さすぎる









この日から、1時間半おきの挿餌開始。





怒濤の徹夜生活のスタートです











いいですよ!




頑張りますよ!!




私の頑張りで小さな命が助かるならいくらでも!!!











上司には



「明日も落とされてるかも。そしたらすぐ連絡ください」




とお願いしておきました。

















そして、








ほとんど寝ずに迎えた次の日の朝










なんとかヒナちゃん生きてる!






嬉しい!!















そんな中、また鳴った私の携帯!!









嫌な予感2回目!!!









金華鳥 | 19:22:13 | Trackback(0) | Comments(0)