FC2ブログ
 
■プロフィール

ひよママ♪

Author:ひよママ♪
ひよママ・・・愛知県在住。旦那と14歳娘を持つ母。

チビ・・・ひよママの娘。この9月で14歳になりました。


しゅん・・・2016年7月生 チビのセキセイ。オパーリンスカイブルー♂。

うめ・・・2017年1月生 大型セキセイ。シナモンノーマルスカイブルー♀。

ぴっち・・・2017年9月生 大型セキセイ。スパングルダークグリーン♂

くぅ・・・2017年9月生 大型セキセイ。スパングルダークグリーン♂

ゆず・・・2019年5月生 大型セキセイ。ノーマルバイオレット♂



ちーすけ・・・2011年4月生のノーマルセキセイ。並♂ 抽選で当たった鳥。2014年9月虹の橋を渡りました。

だい・・・2015年6月生まれのセキセイ。オパーリンモーヴ。2016年6月虹の橋を渡りました。

はな・・・2008年4月生のジャンボセキセイ。ノーマルグレー♂ 2016年10月虹の橋を渡りました。

ゆき・・・2008年5月生のジャンボセキセイ。アルビノ♀ 2016年11月虹の橋を渡りました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■リンク
■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

令和キンカ物語③
お願いしていた鳥友さんから


「うちのキンカチョウが卵を産んでますよ」


と連絡が来たのが6月の終わりだったでしょうか。





ちょうど同じ時期に 元上司からも


「卵が5個ある」


との知らせ。





こんな偶然もあるんだなと、またキンカちゃんがうちに来てくれるという期待を胸に、



孵化予定の2週間後を待ちました。






元上司のキンカペアは


「抱卵放棄&育児放棄」


の前科モンです。それも再犯ばっかり





実は私、キンカの卵を孵卵器に何度も入れてみたことがあります。



でも、1度も孵りませんでした。





他の鳥ブロガーさんも言われていますが、キンカチョウの人工孵化はほぼ不可能です。


全部中止卵になってしまうのです。





ただし、





「予定日まであと1日だったのに」



くらいの時期の抱卵放棄は、すぐ孵卵器に入れれば孵る場合があります。






私は上司と毎日連絡を取り合いました。






「ちゃんと温めてるよ」

という返事が来て胸をなでおろす。



そうやって迎えた孵化予定日。










早朝、元上司からスマホに電話が!







嫌な予感しかしない!!!!!











スポンサーサイト



金華鳥 | 20:39:16 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ物語②
激しく落ちていた私に、キンカチョウのキの字も知らない職場の同僚がこんなことを言ってくれました。




『こう考えなよ。


その子はもともとこの世に誕生さえできなかった命。


それをひよママが助けた。


大きく育て上げた。


恩返しに、その子は、「キンカチョウ」の魅力を精一杯ひよママに伝えることにした。


で、


しっかり伝えたその子は



「ミッション終了だ!」



と満足して、天国に旅立っていった。



かぐや姫の「鳥バージョン」じゃん 』







って。



それを聞いたとき、


私は「ありえんわー」と泣きながら笑ったけど、






実際そのことが私をほんの少しだけ救ってくれました。


「てん、キンカチョウの魅力を教えてくれてありがとう」


って、


素直にそう思えたから。












私は、あの小さな可愛い鳥が忘れられず、


キンカチョウをたくさん飼っている鳥友さんに、


雛が産まれたらぜひ譲ってほしいとお願いしました。





それに、


てんの両親もまだ元気で(メス親は変わったけど)、そこで産まれたら引き取るつもりでいました。








てんの両親



元上司宅にいる 今現在のてんの両親。

オスは実父、メスは後妻です。






金華鳥 | 00:43:28 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ物語
だいぶご無沙汰していました。


ようやくブログを書く気持ちになりました。











大切な大切なキンカチョウのてんが


急に虹の橋を渡ってしまいました。







前回の記事を書いたすぐのことでした。








私は、

泣いて泣いて、自分を責めて、また泣いて・・・・・・・・・・・




気持ちが落ちて、


不眠症にもなって。




旦那からは



「もう鳥飼うのやめたら?」



とまで言われ・・・・・・・・







だから、家族の前では明るく振る舞って、



お風呂や夜中にまた泣く毎日でした。







最近私は、


0日齢から育てたてんの存在があまりにも大きすぎて、



自分でも


「この子を失ったら私はどうなってしまうのか」



と恐怖すら感じるようになっていました。



それくらい、てんを失うことが怖かったのに・・・・・・・・・・
















金華鳥 | 20:20:10 | Trackback(0) | Comments(2)