■プロフィール

ひよママ♪

Author:ひよママ♪
ひよママ・・・愛知県在住。旦那と11歳娘を持つ母。

チビ・・・ひよママの娘。この9月で11歳になりました。


しょう・・・2015年7月生 大型セキセイ。ノーマルコバルト♂。

さくら・・・2015年9月生 大型セキセイ。パイドオパーリンダークグリーン♀。

しゅん・・・2016年7月生 チビのセキセイ。オパーリンスカイブルー♂。

うめ・・・2017年1月生 大型セキセイ。シナモンノーマルスカイブルー♀。




ちーすけ・・・2011年4月生のノーマルセキセイ。並♂ 抽選で当たった鳥。2014年9月虹の橋を渡りました。

だい・・・2015年6月生まれのセキセイ。オパーリンモーヴ。2016年6月虹の橋を渡りました。

ライト・・・2012年生 大型セキセイ スパングルライトグリーン ♂

ブルー・・・2012年生 大型セキセイ スパングルコバルト ♀ 2015年11月虹の橋を渡りました。

はな・・・2008年4月生のジャンボセキセイ。ノーマルグレー♂ 2016年10月虹の橋を渡りました。

ゆき・・・2008年5月生のジャンボセキセイ。アルビノ♀ 2016年11月虹の橋を渡りました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

なんちゃって手乗り
さくさくと更新したいのに、なかなか思うようにいきません(-_-;)

なぜかというと・・・・・・


チビが夏休みに入ってしまいまして・・・
私は仕事がありますので、基本チビは児童クラブってとこ(学童?)に毎日行くんです。
でも、私の出勤時間に合わせて行きますし、弁当持ちだということもあって、
完全に私の生活リズムが崩れております▼

なかなかパソコンの前に座れなくて・・・(>_<)
しばらくは仕方ないですね。





雛ちゃんの成長記を載せていきたいのですが、今日はちょっとライト父さんの話を(*^_^*)




ここでも何度も書いてるとおり、ジャンボ(大型)セキセイは、普通のセキセイ(大型飼いさんは
「小型」と呼びます)と性格が異なります。
生粋であればあるほど、その性格の差は歴然としています。
もちろん個体差はありますが。

ジャンボは一般に
・おっとりしている
・大人しい
と言われていますが、ほぼその通りで、それに付け加えると
・臆病
・警戒心がない(臆病のくせに!)
となります。


ライトはそんなジャンボの性格そのままのとってもいい子なので、私は「慣れるんじゃね?」
と、我が家に来た当初から思っていました。
(あ、ライトは完全に荒です)



徐々に餌で釣っていました(笑)


粟穂も豆苗も食べたことなかった2羽は、その2つに完全にはまりまして(作戦成功)
「美味しい物は手に乗らないと食べれないよ~」的な感じにしました(^◇^)






今では美味しい物を見ると、スッと指に乗ってくるようになりました♪




そんな、指に乗るライトをどうぞ(*^_^*)  一瞬ですよ。あと、水浴びしてビショビショです。




[広告] VPS










私の手に乗るのはもちろん





手乗り③








美味しい物さえあれば・・・・・旦那の手にも(笑)




手乗り①











小さなチビの手にだって(笑)



手乗り②









食い意地はりすぎやろー!

あ~可愛い(*^_^*)  ←バカ











スポンサーサイト
大型 | 00:16:12 | Trackback(0) | Comments(2)
雛ちゃん成長記①

ケガをした雛ちゃんは、くちばし以外は本当に元気いっぱいで。


両親の愛情を独占して、すくすくと育っていきました。





くちばしは・・・・・・・・



完全にかさぶた化して、素人が見ても「伸びてきた」というのがわかるくらいになりました。


雛だからこれほど回復力があるのかなーと思ったり(*^_^*)








これはケガをして1週間後の雛ちゃん。






1週間目①







もちろん痛々しさはありますが、元気いっぱい!








1週間目②








そのうはいつもいっぱいで、丸々太っています♪








1週間目③




左半分は見てもわかる通り、だいぶ伸びてきています。




色は・・・・・・

スパングルですね。

ライトグリーンか、ダークグリーンか。



1週間目④










巣箱の中であまり鳴き声が聞こえないのですが、

「子育て上手な親は雛をあまり鳴かせない」

んだそうです。

子育てがあまり上手くないところからは、鳴き声がよく聞こえるんだとか。




日々勉強、日々発見です(*^_^*)















大型 | 21:00:24 | Trackback(0) | Comments(2)
巣引きの難しさ⑫
連れてきた雛ちゃんにケガをさせてしまって

産まれてきた小さな命を2つも亡くして・・・・

この頃の私は完全に落ちていました。





雛ちゃんの口を見ては

「私が連れてきたばっかりに・・・・・・・」

と自分を責め、


亡くなった子を埋めた場所を見ては悲しみ・・・





自分が何をしたいのか、何でこうなってしまったのかわからなくなり、
ふさぎ込むことが多かったと思います。






ネットを見ても、くちばしが元通りに生えてきたっていう情報は少なく、

獣医さんの見解は「根元から取れてしまったくちばしは再生しない」みたいな感じでしたし・・・








いつも指導を仰いでるO氏の言葉だけが本当に救いでした。



「奇跡が起こるよ」




「くちばしは生えてくるよ」




と言ってくれまして。









あと、産まれて育たなかった卵も、


「私が大きい雛ちゃんを連れて来なかったらちゃんと産まれていたんじゃないか」


という思いを捨て切れなかったんですが、

それも「違う」とバッサリ切ってもらえました。




「親が30日以上もずっと温め続けることはまずない。

 雛がいたから座っていたんや。

 雛がいなかったらとっくに抱卵は辞めていたし、食べたり放棄しただろう」と。




あの雛ちゃんがいたから、卵は孵ることができた。

育ちはしなかったけど、1つも孵ったことがなかったブルーの卵も

「ちゃんと孵る」

ということを証明してくれたってこと。







そのことを聞いて、なんだか自分の中に話がストンと落ちてきて。

涙することも少なくなった気がします。













O氏から、コメントを付けて返信された雛ちゃんの画像です。

この画像でどれだけ勇気づけられたか!!





くちばし解説
















そして貫禄すら出てきた、子育て上手なライトとブルー。





育ての親①








仲の良さを見せつけながら、雛ちゃんを育てあげていくのです(*^_^*)






育ての親②


















・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・涙の記事はもうおしまい!




そんなO氏のブログ→SHOW BIRD'Sと花のある暮らし








大型 | 22:07:45 | Trackback(0) | Comments(2)
巣引きの難しさ⑪
なんとか毎日雛ちゃんの成長を見守って、




そんなある日、




いつものように夕方巣箱をチェックすると、

信じられないことが起こっていました。







なんと、







そのままにしていた卵にまた穴が開いていて、

中から「ピヨ・・・ピヨ・・・」と

小さい声が聞こえるのです!!!!!!



日数にして35日になろうとしていたでしょうか。



また産まれるの?

それもこの日数で?????





本当にびっくりで、

でもまたしても手の平でピヨピヨと聞こえる卵。







「今度こそ、元気に出ておいで・・・・」






私もチビも心からそう願い、巣箱に卵を戻しました。





明日の朝に元気な雛ちゃんに会えることを願って・・・・・・・・・










次の日の朝、











ドキドキして巣箱を開けると、




残念なことに卵はまだそのままでした。






ダメだ!

出れなかったんだ!!





慌てて卵を取り出しました。

卵は一生懸命出ようとした形跡が見られました。








「人間が手伝うことによって、助かる卵がある。
 
 でもその逆もある」





という言葉を思い出しました。


私がゆうべ割るのを手伝っていたら、この雛ちゃんは出てこれたのだろうか・・・・・











まだ「ピヨ・・・・・・・・・」という小さな声が聞こえましたので、急いで割ってみました。








雛2号










中から出てきた小さな小さな雛ちゃん。

自分で出てこれなかったという時点で、弱い子だったのでしょう。

あまり動かず、ほとんど鳴きませんでした。


だって、日数的にもおかしいもん・・・・・・・










何とか生きてほしかったけど

でももっと鳴いてアピールできないと、親から餌もらえない。

私は基本的に「子育ては親に任せる」という考えでしたが、この子だけは何とか生きてほしくて

ほんの少しの望みをかけて

この雛を巣箱には返しませんでした。



カイロで温めて、

薄めたフォーミュラーを少しずつ与えて・・・・・・









1時間くらいは生きていたでしょうか。











やがて、その小さな雛ちゃんはそっと旅立っていきました。



















茫然とする私の横で、懸命になって動いていたのは主人でした。




ずっと付きっきりで雛ちゃんを見ていました。

最期を看取ったのも主人でした。

「動かなくなったよ・・・・」

とポツリと言い、

「埋めてくる」

と出て行きました。




私のすることにいつも反対せず、でも手もほとんど出さない主人なのに

なぜか今回はすすんで動いてくれました。


大して鳥好きってわけではないですが、

ずっと卵を温め続けるブルーとライトを見てきたわけですし、

ケガした雛ちゃんや、今まさに産まれようとしている卵や、

前回産まれて亡くなっていった小さな雛ちゃんも目の当たりにし、

私の隣で何かを感じていたようでした。















また1つ命が消えてしまった・・・・・・・・・























私はこの頃、完全に落ちていました。






















・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・・・















大型 | 23:23:36 | Trackback(0) | Comments(2)
巣引きの難しさ⑩
※今日は、くちばしをケガした雛ちゃんの写真を載せます。





見る方にとっては衝撃的な写真だと思います。



「耐えられない」
とか
「見たくない」
と思われる方は、ここで引き返してくださいm(__)m





「構わない」と思われる方のみ、つづきをどうぞ。





















それからも雛ちゃんはきちんと餌をもらっているようでした。



いつ見てもそのうはパンパンで、

雛ちゃんも、くちばしのケガを除けば元気いっぱいに育っていました。




初日、顔を血に染めたブルーを見た時は本当にショックでしたが、
それは、餌をやろうと必死に頑張った時に付いたものでした。

どうやって餌をやっているんだろう?

という疑問は相変わらず残っていましたが、雛ちゃんが餌をもらっているのは間違いなく、
本当にブルーには頭の下がる思いでした。

(たとえブルーがケガをさせた張本人だったとしても)






あれ以来ブルーも落ち着きを取り戻したらしく、雛ちゃんを触っても、取り出しても
怒ることはありませんでした。


雛ちゃんのくちばしもだいぶ かさぶた化してきていました。







雛ちゃんの口はこんな感じ。






けが③









左半分がもげてしまっていて、

右側にぶら下がって(引っ付いて)いる感じです。






けが④









でも

ご覧の通りそのうはいつもパンパン。


羽もだいぶ生えてきました。






けが⑤







とっても元気で可愛い雛ちゃん。



ブルーとライトに大事に育てられています。




この先このくちばしは生えてくるのか・・・

この口で自分で餌を食べれるようになるのか・・・

羽繕いは? 

ゲージを登れる?







頭に浮かぶ不安をすべて打ち消し、とりあえず命がここにあることに感謝して。











「奇跡」











その言葉だけを信じて・・・・・・・・・・・・・・・


























・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・・衝撃写真ですみませんm(__)m










大型 | 20:41:27 | Trackback(0) | Comments(4)
巣引きの難しさ⑨
まだまだ続く、巣引き関連の記事です。
読んでくださってる方、ドキドキさせたり不安にさせたりしてすみませんm(__)m
でも
これ、全部実話で・・・・・
私はこの1ヶ月、どれだけ泣いたんだろう・・・。

人それぞれ考え方や感じ方が違うのは当然です。
まだ続きますが、ありのままを綴っていきますので、
「納得できん!」とか
「見ててツライ」と思われる方は、どうかここで引き返してくださいm(__)m

みなさんが苦しくならずに、サラリと読み進めてくださればと思います。
今日も訪問ありがとうございます! 















巣箱に卵を戻して・・・・・・・・







数時間が過ぎて、時間は22時を回ったのに

産まれた雛ちゃんの声が聞こえない。






もう電気を消さなきゃいけないのに・・・








このままではあまりにも不安で










思い切って巣箱を開けてみました。










中には

くちばしのない雛ちゃんと






そして







動かない小さな小さなピンクの塊・・・・・・・・・!!!












・・・・・・・・・・・えっ!!!!・・・・・














急いでその子を取り出して












「ダメよ! 死んじゃダメ!!」












まだ温かいその小さな体を包みながら、心臓マッサージをしました。








逝っちゃダメ!

生きるのよ!

あなたが出てくるのを

私もライトもブルーも、何カ月もずっと待っていたんだから!!








親指の頭ほどしかない小さな体を温めて

どこかもわからない心臓をマッサージして

小さな口から息を入れて









どれくらいたったのか・・・・・・・












「・・・・・・もういいんじゃないか?」










旦那の声で我に返るまで

私は泣きながら心臓マッサージをしていました。











そうだよ・・・



産まれたばかりの雛が

心臓マッサージで息を吹き返したなんて聞いたことない・・・・・・・









逝ってしまったその子は

ホントにホントに小さくて・・・・・・・・・・・・・









数時間前に手の平にあった命は、もうそこにはなかった。

天国から地獄って

こういう気持ちを言うのか・・・・・・・








何がいけなかったのか

あまりにも遅くに産まれた雛だったから

何か問題があったのだろう


大きい雛ちゃんに踏まれた?

そのうは空っぽだったから、ブルーが見向きもしなかった?








いろんなことが

頭の中をぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・・・・・・・

















・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・












 



大型 | 14:08:07 | Trackback(0) | Comments(2)
巣引きの難しさ⑧
仕事でいろいろ、自分もいろいろあり、テンパリ気味のひよママです(-_-;)
こんな時は深夜に映画館に行ったり、高速かっ飛ばしたりしたいのですが、
それもできずに悶々・・・デス▼

あー、実は私、短気なんです。
キレキャラなんです。
瞬間湯沸かし器なんです。
怒り狂ってその場で終わらせるタイプなんです。

でも
仕事ってそうはいかない。
納得いかなくても、クレーマー相手にでも「はい」と返事をして頭を下げなきゃ
ならない時がある。
そういうのって慣れてきたはずなのに、この年になっても自分はまだ大人になりきれて
ないなーと感じるときがあります(T_T)

あー、疲れる。
ストレスだー 
思い切りブチ切れてやれればどんなにすっきりするか! くっそ~!




な~んて、少し吐き出したところで続きです。(勝手だー)






























次の日も巣箱の中から雛ちゃんの声が聞こえ、雛ちゃんが生きているのは確かでした。







あの口でどうやって餌をもらっているのか、

というより、ブルーはどうやって餌をあげているのか、不思議でたまりませんでした。







あの傷から感染症になったりしませんように。

何とか今日を生きてくれますように・・・・・・・・


そのことだけを祈り、すべてをライトとブルーに託す以外にありませんでした。








もちろん病院に連れていくことも考えました。
でも、長時間巣箱から出してしまった場合、もう戻すことはできないんだそうです。
それこそ攻撃してしまう。
病院に連れていく=挿し餌ということになります。
でも
私はくちばしのない子に挿し餌をする自信がありませんでした。
親が餌をやっていないならともかく、育てようと必死になってる親がいるのに
それを引き離してまで病院に連れていこうとは思いませんでした。















それから
















私は卵を4つ、そのままにしていました。



ひとまずこれで巣引きは終わりにするつもりでしたので、今回はブルーがやめるまでそのままに
しておこうと決めていたからです。


ブルーは傷ついた雛ちゃんの子育てにいっぱいいっぱいでしたので、
「そろそろいいかな・・・」と思い、卵を取り出そうとしました。
日にちは・・・・もう30日目を迎えようとしていました。









そして卵を手にした時。

小さな穴が開いていることに気付きました。














ん?


















なんと!!!












中から

「ピヨ・・・・・ピヨ・・・・・・」

と声が聞こえるのです!!!!!


















えええええええええぇぇぇぇーーーーーーーっっっ!!!




















生きてたの?この卵?!





って今日で何日目??????




後半に産まれた卵だとしても、この日数で孵るのか???


















今まさに、この世に産まれようとしている命。













涙が出ました。

















頑張って出ておいで!!!
















孵化前①













聞こえますでしょうか?


ヘッドフォンとかで聞いて頂けると聞こえると思うんですが・・・・・







[広告] VPS





















初めて見ましたーこういう瞬間!
動画とかでは見たことありましたが。

もちろんチビも大興奮!













ちょっとだけ殻を破るのを手伝って

卵は巣箱に戻しました。















あぁ、待ちに待った雛が産まれてくる!!!!!

























でも、
奇跡は滅多にないから奇跡というのか・・・・・









・・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・・・・・んです・・・・






大型 | 00:21:01 | Trackback(0) | Comments(10)
巣引きの難しさ⑦
とりあえず朝は生きていた雛ちゃんでしたが

全く喜べませんでした。


そして仕事が終わった夕方。



またドキドキして巣箱に耳をすますと・・・・・・・・








「ピィ~ピィ~」





と小さな声が聞こえました。












「え???????????・・・・・・まだ生きてる?」













確かに雛ちゃんの声は聞こえます。













くちばしの事故が起きてから丸24時間が経っています。

餌をもらってないと生きていないはず・・・・・・・・・














O氏に電話をしてみました。

「あの・・・・・・・生きてるんですけど」
「声が聞こえるんです・・・・・メスは口のまわりが血まみれだったんですけど、あれって
餌をやってるんでしょうか?」







O氏は

「聞いたことがない」

「そんなこと普通はあり得んなー」

と。

O氏の禽舎でも、親が雛を襲うことは全然珍しくないそうです。







でも

親が 1度襲った雛を育てること

くちばしがない雛が餌をもらうこと

くちばしがない雛が死なずにいること







どれをとっても今まで聞いたことがないとのことでした。









「奇跡が起こるかもしれんよ、ひよママさん」


















奇跡・・・・・・・・・・・




奇跡・・・・・・・・・・・・・・・・・












起こるんだろうか、奇跡。











信じていいんだろうか、その言葉の意味を。
























でも















本当の奇跡はここから始まっていくのです。

































・・・・・・・・・・・・・つづく・・・・・・・・・はよせいっ!









大型 | 00:09:56 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad