FC2ブログ
 
■プロフィール

ひよママ♪

Author:ひよママ♪
ひよママ・・・愛知県在住。旦那と14歳娘を持つ母。

チビ・・・ひよママの娘。この9月で14歳になりました。


しゅん・・・2016年7月生 チビのセキセイ。オパーリンスカイブルー♂。

うめ・・・2017年1月生 大型セキセイ。シナモンノーマルスカイブルー♀。

ぴっち・・・2017年9月生 大型セキセイ。スパングルダークグリーン♂

くぅ・・・2017年9月生 大型セキセイ。スパングルダークグリーン♂

ゆず・・・2019年5月生 大型セキセイ。ノーマルバイオレット♂



ちーすけ・・・2011年4月生のノーマルセキセイ。並♂ 抽選で当たった鳥。2014年9月虹の橋を渡りました。

だい・・・2015年6月生まれのセキセイ。オパーリンモーヴ。2016年6月虹の橋を渡りました。

はな・・・2008年4月生のジャンボセキセイ。ノーマルグレー♂ 2016年10月虹の橋を渡りました。

ゆき・・・2008年5月生のジャンボセキセイ。アルビノ♀ 2016年11月虹の橋を渡りました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■リンク
■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

飼い主の苦悩  ~告白その③~
病院から帰り、速攻仕事へ。

夕方帰ってちーすけを見ると、なんか変・・・




全然鳴かないし、動かない・・・あれ?


そのうを触ってみるとパンパンでガチガチ!


な、なんで?
何がどうした?


ケースを見ると、粟穂が1粒もない!
1粒残らず食べてある!
今まで食べれなかったのに何で急に食べた?
それも1本丸ごと!!
1本なんて、はなだって1度に食べないぞ!

いかん、食滞だ!

とにかくお湯を飲ませてそのうをマッサージ。
でも2時間たっても全く消化しない。
そのうはパンパンガチガチ。
またお湯を飲ませてマッサージ。


結局、次の日の朝まで5回ほどお湯マッサージをしました。
でも12時間たっても、まだそのうには少し餌が残っていました。



朝一で先生に電話しました。



すると・・・




この時期(切り替えの時期)、まれにそういうことする子がいるそうです。
自分の限度がわからずドカ食いしてしまい、消化できない。
そのうがカチカチになってしまう。
そういう子は、とにかく餌を下へ落とさなきゃいけない。
お湯マッサージしかないそうです。
長い子で3日たってようやく消化した子もいたそう。
そのうが空になるまでは次の餌はやれない。
でも体力がおちてしまうので、お湯の代わりに薄めて温めたポカリや青汁、
薄いフォーミュラーや潰して薄く溶かしたペレットでマッサージしていくそう。


私は今日1日中数時間おきにマッサージしていました。

もちろん鼻洗浄、投薬も。

今もう夜中なのに、朝食べた餌がまだそのうにあり消化されていません。
なんなんだ?これは!
胃腸障害なの???
食べ過ぎたからって、24時間も消化されないのっておかしくない?





大丈夫なのかな、私・・・





鼻の感染症

メガバクとの闘い

そして、餌の管理と数時間おきのマッサージ





一応仕事して子育てしてる主婦。
これからも頑張れるのか???
やれるのか???




覚悟を決めたつもり。


チビが当てたちーすけ。
大勢の中からチビのところに来てくれた、小さな雛。ちーすけ。
絶対意味があったはず。
縁があったはず。
チビは可愛がってるじゃない。
ちーすけもなついてるじゃない。
うちに来るべき子だった。
いつかチビべったりの子になるはず。




そう毎日言い聞かせても
ちょっと心折れそうな自分が・・・(T_T)









この2人のために頑張りたい

絆



















スポンサーサイト



ちーすけ | 10:27:20 | Trackback(0) | Comments(12)
試練  ~告白その②~
通院の日。

それは私が覚悟を決めなおさねばならない日でした。



まず、鼻の感染症。
結果は「完治ならず」でした…(T_T)
案外しつこく、まだ鼻洗浄と投薬は続くことに。
この鼻水は結構厄介で、鼻と脳は近いため、鼻水が脳に行くとすぐダメになってしまうので、
鼻水を溜めないことが肝要なのです。


そして私がショックだったのが、
メガバクテリアが発見されたこと(T_T)
今やかなりメジャーになってるメガバクですが、やっぱり実際自分の子に見つかると
ショックなもんです・・・
メガバクは人間にはうつらないそうですが、鳥には感染する!
またしてもジャンボズを守らねば!!
これからは薬でメガバクを叩いていくことになりました。


そして、


私の挿し餌の悩みを相談すると、先生は愛しむような哀れむような声で

「だってこの子まだ雛ちゃんですよー」って。



え・・・・・?
まだ雛って・・・?
だってもう産まれて1ヶ月以上経つのよ?



先生曰く、ちーすけは声も顔つきも、完全にまだ雛なんだそうです。

確かに「ぴよよよ~」って鳴きっぱなしだし、
羽震わせて餌ねだってますし、
くちばし黒いですけど…
何度も言ってますけど、1ヶ月はとうに過ぎてますし
他の子はケージに入って自分で餌食べてますよ?


先生が言うには、雛時代の長さは個人差があるそうです。
オカメちゃんの挿し餌の長さは有名ですが、セキセイにもそういう子がいるそうです。
普通は1ヶ月で一人餌になりますが、2ヶ月も3カ月も挿し餌が切れない子がいる。
先生が看た最長の子は、1年2ヶ月挿し餌が続いたそうです。
よく「長く挿し餌を続けているとそのうに菌が出る」と言いますが、そんな心配より、
挿し餌を無理に切って、栄養不足になる方が深刻なんだそう。
実際ちーすけの体重は、初診の日に38gあったのに27gに減っていました。
ちーすけの挿し餌を、また朝晩再開するよう言われました。
体が膨れるのは、体重の減少が原因になってるから、増えてくれば膨れなくなると言われました。
(どうりで保温しても膨れるわけだ)
ケージデビューなんてまだまだ先と言われました。
無理にケージに入れることはないって。
他の子と比べないでいいって。
1年かけて他の子に追い付けばいいって。





鼻洗浄

挿し餌の再開

メガバクとの闘い・・・





心折れそうになって家に帰ると、さらに試練が待っているのです・・・・・・・・






あぁ、長くなった。

でも続く・・・(^_^;)










ちーすけ | 10:26:10 | Trackback(0) | Comments(0)