FC2ブログ
 
■プロフィール

ひよママ♪

Author:ひよママ♪
ひよママ・・・愛知県在住。旦那と13歳娘を持つ母。

チビ・・・ひよママの娘。この9月で13歳になりました。


しょう・・・2015年7月生 大型セキセイ。ノーマルコバルト♂。

しゅん・・・2016年7月生 チビのセキセイ。オパーリンスカイブルー♂。

うめ・・・2017年1月生 大型セキセイ。シナモンノーマルスカイブルー♀。

ぴっち・・・2017年9月生 大型セキセイ。スパングルダークグリーン♂

くぅ・・・2017年9月生 大型セキセイ。スパングルダークグリーン♂





ちーすけ・・・2011年4月生のノーマルセキセイ。並♂ 抽選で当たった鳥。2014年9月虹の橋を渡りました。

だい・・・2015年6月生まれのセキセイ。オパーリンモーヴ。2016年6月虹の橋を渡りました。

ライト・・・2012年生 大型セキセイ スパングルライトグリーン ♂

ブルー・・・2012年生 大型セキセイ スパングルコバルト ♀ 2015年11月虹の橋を渡りました。

はな・・・2008年4月生のジャンボセキセイ。ノーマルグレー♂ 2016年10月虹の橋を渡りました。

ゆき・・・2008年5月生のジャンボセキセイ。アルビノ♀ 2016年11月虹の橋を渡りました。

さくら・・・2015年9月生 大型セキセイ。パイドオパーリンダークグリーン♀。2017年10月虹の橋を渡りました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

令和キンカ子育て奮闘記⑨
何とか復活を遂げたチビ







本来、この頃のヒナは、もっと挿し餌を濃くして量も増やし、

挿し餌の間隔も4~5時間開けれるはず。










でも、








そのう炎で より慎重になってしまった私は、怖くてそれができませんでした。











ただでさえ、親から1度もエサをもらっていないから、どうしても神経質になります。













「濃いエサで間隔を開ける」より

「薄いエサで回数を増やす」が私流のやり方です。



















18日目と17日目。






うるさいくらい鳴いて エサをねだります(*^_^*)















セミかよ!











元気な証拠です♪
























19日目と18日目。


3羽とも10gを超えました




19日目と18日目


1番下の小さいのがチビ。























ちなみに、プラケースの中はこんな感じ。



プラケース







温度は30~32度くらい。







温度計は2個設置。









入っているのは、私が牛乳パックで作った箱(笑)












19日目と18日目②





かわいい









それしか言葉がない






スポンサーサイト



金華鳥 | 00:15:02 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記⑧
再び徹夜生活。





より神経を張り詰める生活をし、










療養3日目。




投薬3日目








チビ、そのうが縮むようになりました!!!









よかった!!









希望が見えてきました












挿し餌のときはできるだけ兄弟と一緒に(*^_^*)

真ん中がチビ。

投薬3日目②








ちょっと成長が遅いけど、そんなの平気!







足も気になるけど、それも後回し!









生きていることが1番大事だから
















療養生活で大変だったのは、挿し餌の時間がずれたこと








チビは薄ーいのを1時間半おき。



あとの2羽は3時間おき。









なんか、1日中ずっと挿し餌とそのうの心配ばかり(苦笑)











でも、










この兄弟は何度も奇跡を起こしてくれる












小さいヒナが調子を崩した時、回復していくことはほとんどないのに・・・・・・・
























そして、療養4日目。




チビ、孵卵器を卒業!








体調も安定したので兄弟の元へ!







16日目と15日目。


真ん中で胸を張るチビ(笑)

16日目と15日目












なんてかわいいの、みんな!!!











お腹がいっぱいになりウトウト











よくここまでみんな大きくなった(*^_^*)








もう虫じゃなくて鳥に見えるよ(笑)





















金華鳥 | 08:30:52 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記⑦
嫌な予感がします。






1羽ずつの写真を撮ってみました。







12日目の1号。


そのうの膨らみがいびつだ・・・・

12日目1号













11日目の白。


11日目白














同じく11日目。1番心配なチビ。

(体は1号の方が小さい)

11日目チビ




















こういういや~な予感ってだいたい当たる



















次の日。










トラブル発生!!!










13日目と12日目。

1番右がチビです。

13日目と12日目










そのうからエサが落ちていかなくなりました。







そのう炎になってしまったんだと思う。








フィンチ類は食滞にはなりにくいと聞きます。

でもそのう炎はどんな鳥でもなるってこと。










全然胃にエサが落ちていかない













そのうも小さすぎて、もろすぎて触れない。








マッサージなんて絶対無理・・・・・










どうしよう

















唯一の救いは元気があること。


真ん中で元気にエサをねだっているのがチビ。


















そのうから全くエサが落ちていないのがわかります







お腹がすいてエサがほしいのに、これ以上与えることができません







こんなに欲しがってるのにかわいそうすぎる!!









何とか助けたい。









体調不良に1番の基本は保温。








チビを再度孵卵器へ戻すことにしました。









設定温度は36.5度。









抗生剤を飲ませ、








パウダーフードは、生まれたての時の、薄ーいジュースくらいの薄さまで戻します。









それを1時間半おきに少しずつ飲ませることにしました。










また徹夜スタートです・・・・・・・










私はやる!











また孵卵器から兄弟のところへ絶対帰ろう!!!


























次の日の朝。




14日目。



エサをやる前なのにこのそのう・・・・・・・

14日目








回復の兆しなし・・・・・・・









そのうが嫌な感じに血走っている。







でも、






この子、元気はある。









フンも出てる。








希望は捨てない!









私も頑張る絶対!!!







8gの大切な命。







諦めない!!!



















金華鳥 | 08:28:11 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記⑥
生後9日目と8日目。






全員4gを超えました









挿し餌も、爪楊枝から最小シリンジ(1mg)に。









くちばしに1滴入れても大丈夫になりました(*^_^*)














薄目も開いてきています



















そして、




10日目と9日目。








1羽色が違うようです。 画像で1番上の子です





10日目と9日目



ベージュの羽が生えてきています。










体重が似たような感じですが、羽の生え方でなんとか1号が判別できます。

たぶん1番下にいるのが1号。









1号とは1日違いの2号と3号。







どっちが2号なのか3号なのか不明ですが、1番小さい子は心配が多いです。







前回の記事で、口パクパクと呼吸をしていた子。







目が開き始めた頃になると、上向きだった姿勢がまっすぐになるのですが、

1番小さいチビは、ずっとあお向けのまま。







そして、またしても足の指の向きがおかしい








それも両足






この子なのかなぁ      





親に突かれて仮死状態だった2号は。










両足おかしいけど、特にひどい左足指だけテーピングすることにしました。








11日目と10日目







てんのときを思い出して、針のように細い指を、片足だけテーピングしました。







でも、これが








後々後悔することになるのです・・・・・・・・・・・・・・・・・
















金華鳥 | 09:15:14 | Trackback(0) | Comments(0)
令和キンカ子育て奮闘記⑤
下の2羽を託児してもらったので、我が家のキンカヒナは3羽になりました。







「3日の壁」を超えたら、「1週間の壁」を超えるのが目標。






でも、ありがたいことにその壁も超えることができました







7日目と6日目です。

7日目と6日目







ほら、



見た目もどんどんグロくなって







夜中の挿し餌は抜けますので、私も5時間寝れるようになりました。


















8日目と7日目。



もっと食べてくれるといいんですが、ちょっと食が細い






お腹いっぱいでウトウトしてます







この動画を見るとちょっと気になることがあります。








真ん中の子が、口を開けて大きく呼吸してる。








これはあまり良くないサインです。







でも、祈って見守るしかない。






元気があるのが救いです。





動くとグロさ倍増(笑)




















豆知識☆




フンの話。





食欲と同様、大事なのがフンです。







フンの出が悪くなったヒナは深刻です。





てんの場合は毎回チェックしてましたが、この子達はどれが誰のかわからん(^_^;)





生後2~3日は特に注意です。





カリカリのフンが出口にくっついていると、ふさがれてフンが出ません。





その時は急いでカリカリを取らなければダメです。






早いうちなら、ミョ~ンと糸のようなフンが出てきて元気を取り戻せます。







そして、




この頃になると、フンをする時おしりを外に向けるようになります。




巣の中を汚さない本能ですね。







親が育ててる場合は、さらに親がつまんで巣の外に捨てるので 巣の中は清潔。







この子達も、外にしようとするので、こんな風にフンが1ヵ所に重なることも







8日目と7日目







フンすら愛おしいってどうよ








金華鳥 | 06:40:29 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ